「ほっ」と。キャンペーン
2016年 05月 10日
目撃者を探しています!5/10 追記
原田です。

皆様から沢山の励ましのお言葉を頂き、感謝いたします。
御支援下さる皆様、本当にありがとうございます。

息子が急逝して、2343日が過ぎようとしています。
明日は、息子の77回目の月命日となります。

皆様に今日は、近況のご報告をしようと思います。

3月15日(火)の東京地裁の判決言い渡しを受け、弁護団の先生方にお力添えを頂いて3月28日(月)に東京高等裁判所へ控訴しました。
3月26日(土)に、四谷の主婦会館プラザで【明るい警察を実現する全国ネットワーク】が開かれ、その中で、息子の事件の詳細な分析をして頂きました。
【沙羅双樹の花のブログ】に、当日の動画をご紹介頂きましたので、御高覧、宜しくお願い申し上げます。
http://sarasoujunohana.blog.fc2.com/blog-entry-992.html

3月から【新宿署違法捜査憤死事件 国賠 二審に向けてカンパのお願い】を拙ブログ等に掲載し、ジャーナリストの方々にお力添えを頂き、数名の方々からカンパをお送り頂きました。
皆様の御厚情に深謝致します。

2009年12月11日(金)朝4時頃、新宿警察署で、息子は憔悴しきった状況の中、安平刑事に「目撃者の方を探して頂けないでしょうか・・」「新宿駅の防犯カメラを調べて頂きたいのですが・・」「女性の服から、何か反応とか取れないんですか・・?」と、最後まで物証に基ずく捜査をお願いしていましたが、安平刑事は、「目撃者・・?見つかるといいですね。新宿駅は一日何十万人も通る訳ですからね」などと言って、全く捜査する意思を示しませんでした。
(※)2009年には、警察庁から「女性が痴漢被害を申告した場合、早期に男性の手から繊維の採取をするように」等、科学的な根拠のある捜査をするよう、各警察署に通達が出されたばかりでした。


4月30日は息子の誕生日で、生きていれば今年32歳になるはずでした。

2010年4月30日、JR新宿駅に、夕刊フジの小川記者がご取材に来て下さいました。

同年10月7日、故黒木昭雄氏が、JR新宿駅15・16番線ホーム周辺の現場検証に来て下さいました。

2011年8月21日、原田宏二氏が、現場確認に来て下さいました。

2016年4月23日、【国賠ネットワーク】代表の土屋たすく氏が、現場確認に来て下さいました。

その後、「風間博子氏のさし絵原画展」に伺いました。風間氏は死刑囚として拘留されていますが、そのパンフレットには「再審無罪を勝ち取る日まで頑張って参ります。温かなご支援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。」と記されていました。


息子が急逝して、2342日が過ぎようとしています。

菩提寺ではツツジの花が咲き、2009年12月10日に息子が降り立つはずだったJR駒込駅でも、ツツジの花が咲き揃いました。

季節に咲く花は、忘れかけていた何かを呼び起こしてくれる有難い存在と思います。

季節に咲く花のように、この国の司法機関の方々も、誠実な存在になれる日が来ることを、祈念しています。


「継続は力なり」。息子が好きだった言葉です。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。







[PR]

by harada-n | 2016-05-10 07:00 | Comments(4)
Commented at 2016-05-15 23:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-15 23:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-15 23:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-08-09 02:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 目撃者を探しています!6/1...      目撃者を探しています!4/1... >>