2017年 04月 10日
目撃者を探しています!4/10 追記
原田です。

皆様から沢山の励ましのお言葉を頂き、感謝しています。
御支援下さる皆様、いつも有難うございます。

息子が急逝してから、2677日が過ぎようとしています。
4月30日は息子の誕生日で、生きていれば33歳になっていたはずでした。

2010年4月30日、夕刊フジの小川 健 記者が、新宿駅に御取材に来て下さいました。
5月7日に【痴漢と呼ばれ事情聴取のあと自殺】「息子の無念晴らしたい」目撃者捜す母 をご搭載頂きました。
5月20日に、産経新聞に【痴漢 強く否定しながら自殺 晴らせぬままの「容疑」】 をご搭載頂きました。
(※)一部抜粋
実は、新宿署は事件後、尚美さんに「容疑は晴れた」と説明していた。
しかし、今年1月29日に一転、原田さんを痴漢(東京都迷惑防止条例違反)の容疑で書類送致。被疑者死亡で不起訴となった。
同署によると、女性は触ったという人物の顔を見ていない。唯一の物証は防犯カメラの映像だという。「女性の『(誰かに)触られた』という証言は信用できる。すれ違った瞬間はカメラの死角だが、証言と同じタイミングで触れる人は原田さんしか写っていない。証言と映像で複合的に判断した」と説明する。・・・

2010年5月までは、メディアへの回答は新宿署が行っていましたが、6月14日に放送されたフジテレビ:スーパーニュース【暴行被害者が痴漢容疑をかけられて、自殺という悲劇】から、警視庁が回答するようになり、(改札口付近でお腹を触られたように見えるという)第2の女性の存在が主張されるようになりました。

一審の過程で、東京地検が「送致記録」を開示しました。
その中には、新宿駅の防犯カメラの映像とされる写真が何十枚も添付されていますが、(お腹を痴漢された)被害者とされる女性も、第2の女性も、誰かと接触した様子は全く写っていませんでした。

東京都を提訴してから、6年が経とうとしています。皆様にお力添えを頂いて、息子の事件を裁判で問うて来ることができました。
5月18日(木)午後1時15分~ 東京高裁825法廷で 判決が言い渡されます。
皆様には、最後まで裁判の行方をお見守り頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

12月から花店に並んだチューリップの花も、少なくなって来ました。
2009年12月10日、息子が降り立つはずだったJR駒込駅のツツジの季節を迎えようとしています。
季節が過ぎるのは、本当に早いことと思います。


「継続は力なり」は、息子が好きだった言葉です。


これからも目撃者探しを続けて行きますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせ下さい。






[PR]

by harada-n | 2017-04-10 07:00 | Comments(0)


     目撃者を探しています!3/1... >>