「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2010年 06月 30日
目撃者を探しています! 6/30 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。

皆様に今日は息子の110番通報についてお伝えしようと思います。

【消えた110番通報】

6月28日に新宿駅駅長室にて再度、12月10日の事件についてお話を伺いました。

[12月10日:8号ホーム(15番線・16番線ホーム)から11時5分に迷惑行為で110番通報]

このJR職員の方による110番通報の前に、他の職員の方が現場の北通路代々木方階段に
駆けつけていて、その後、通報により3名の警察官が駆けつけましたが、その時間は
概ね11時15分から20分位ということでした。

息子はボイスレコーダーの中で、
「通信センターの山岸さんとの通話は、警察官が来るまでリアルタイムで繋がっていた。」と
言っています。
息子が最初にかけた110番通報は、11時20分よりも前であった事が推測されます。

110番通報の時間について、私も不思議に思っていました。
息子が利用していた携帯電話会社の説明によると、同じ番号に複数回かけたとき、
表示される時刻は最後にかけた時点だと聞きました。

推測の域を出ませんが、
息子は110番通報の途中でなんらかの理由で中断しなければならず、
改めてかけ直したのが11時27分だったのかもしれません。

また、ボイスレコーダーを聞いてみると、110番通報の状況について、
暴行被害を訴える息子に、通信センターの方が、
「警察官に代わって。」と言い、当時、最初に現場に駆けつけたJR職員2名の方を
警察官だと勘違いしていた息子は、電話を代わってもらおうとしていたけれども、
逆に阻害されてしまった様子を、新宿警察署で説明していました。

110番通報の時間・内容については、再度、情報公開をお願いして確認したいと思います。

「署名のお願いURLを、ブログの更新ごとに記事の末尾に貼り付けたほうがいい」という
ご指摘ありがとうございます。
これからもお気付きの点がありましたら、どうぞご指摘ください。

これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、
どうぞお知らせください。

●署名TV
原田信助の受けた暴行被害について、
十分な捜査を実施し,犯人を起訴することを求める署名

[PR]

by harada-n | 2010-06-30 15:27 | Comments(20)
2010年 06月 28日
目撃者を探しています! 6/28 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。
多くの皆様から、警察のコメントが変遷していて、おかしいというご意見が寄せられました。
私も整理してみることにしました。

[新宿署のコメントから]

1月11日:
「原田さんは、確かに、女性が『お腹を触られたかもしれない』ということで、痴漢容疑をかけられたんですよ。ですけれども、大勢の人間が行き交う新宿駅で、原田さんを、犯人と認定するのは無理という判断の元、痴漢容疑は晴れたが、その後、お互いの暴行容疑ということに話が移り、事情聴取が続いた」
「原田さんは犯人ではないと大学生に言った。」[新宿署でのお話から]

5月20日:
「女性は触ったという人物の顔を見ていない。
女性の『(誰かに)触られた』という証言は信用できる。すれ違った瞬間はカメラの死角だが、証言と同じタイミングで触れる人は、原田さんしかいない。
証言と映像で複合的に判断した」[産経新聞から]


6月14日:
【ICレコーダーの記録によると】
『痴漢の被疑者として取調べる』

『女性が貴方の顔を見ている』

『洋服の上から、反応が取れないのか』


【警察によると】
『被疑者として取り扱っていない』

『顔はみていない』
『防犯カメラにすれ違う様子が写っている』

『微物の採取は求められていない』
[フジテレビ:スーパーニュースから] 


【ICレコーダーに依ると】
息子と、大学生3名のすれ違った場所が、『階段』となっているのに、

【警察に依ると】
現場が、『通路』に変わっている。


6月22日:
「原田さんと、被害者とされる女性がもめている様子が、階段の上の防犯カメラに写っていた」
「原田さんが、改札口付近で、別の女性のお腹を触っているように見える 映像がある」[日本テレビ:スッキリから]

皆様も、矛盾点や、疑問などございましたら、是非ご指摘くださいませ。


6月9日の、(副署長氏からの伝言をお伝えくださっていた)マスコミ氏のお話では、「原田さんが、直前に別の女性のお腹を触っているような様子が写っていることから、 被疑者と認定した」
「防犯カメラの映像は、検察庁に送っているので新宿署にはない」との事でしたので、次々と、後から出てくる映像(もしくは画像)は、何処から来ているのか、本当に不思議です。

 
昨年の1月に、神奈川県平塚市でも、息子とよく似た事件が起きていたことを知りましたが、平塚署は、息子さんを解放する際に、身元引受人であるご家族に連絡を取ることを許可しています。

もし、新宿署が、息子が私に電話することを許可してくれてさえいれば、身元引受人として私に、ご連絡してくださっていれば、こんな事件は起こらなかったと思うと、悔やんでも悔やみきれない思いで一杯になります。

これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、
どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2010-06-28 14:03 | Comments(31)
2010年 06月 22日
目撃者を探しています! 6/22追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。
現在5000人以上の方々から、署名していただく事ができたのは、
皆様の応援のお陰です。
本当にありがとうございました。

今朝の日本テレビの『スッキリ』で、息子の事件を放送していただきました。
ありがとうございました。

新宿署のコメントに、
1. 息子に暴行容疑がかかっていた
2. 息子が駅員の方の名札を奪った
3. 息子と、被害者とされる女性がもめている様子が階段の上の防犯カメラに写っていた

以上の事は、初めて聞いたので、とても驚きました。

 昨日、新宿駅の駅長室で、助役さんに昨年の12月10日の日誌を再度確認していただき
ましたが、男性から迷惑行為を受けたという女性からの苦情は
1件もなかったというお話でした。


今日は、[防犯カメラの映像]について、皆様にお伝えしようと思います。
2010年1月9日に、新宿警察副署長氏から電話があり、
「息子さんのことで、説明したい事があるので、署まで来て頂きたい。」
という連絡を受けた際、私は自分のほうから、
「息子が暴行を受けた場所に防犯カメラがあるなら、11日にお伺いした時に、カメラの映像を見せていただきたい。」とお願いしました。
しかし、11日、新宿警察署では、副署長氏から、
「どこの駅にも階段を上から撮る、下から撮るようなカメラはないんです。」と言われました。
私が「すれ違ったときに接触があったのかどうかを確認するビデオはないのですか?」
と確認したところ、副署長氏は「物証はないです」とはっきりとおっしゃったのです。

ところが、1月28日に生活安全課課長氏から連絡があり、
「息子さんを、東京都迷惑防止条例の被疑者と認定したので、検察庁に
書類送致しますので、連絡いたします。」と告げられました。
息子を、被疑者と認定した根拠は、防犯カメラの映像と関係者の話を聞いてとの事でした。
その時、初めて、「階段の上のほうから下を写すカメラはある」と言われたのです。
そして翌29日、息子は検察庁に書類送致されました。

2月25日に、新宿署に息子に代わって、暴行の被害届を提出しに行きましたが拒否され、
その後、新宿署に男子大学生を住所氏名不詳のまま暴行容疑で告訴しましたが、
4月8日に二度目の告訴拒否の連絡を受けました。
5月25日に、検察庁から、検察庁に提出した男子大学生に対する告訴状は受理されているという連絡がありました。

ところが、検察庁の告訴受理後、これまで一度も接触がなかった、
新任の新宿警察副署長氏から、私を取材していたマスコミの方を通じて、
「説明したい事があるので、署まで来ていただきたい。」という連絡を
何度か受けるようになったのです。私は、
「私と私の代理人である弁護士の先生に、直接連絡が来た訳でもないし、
他人を介しての伝言は理解できません。」とお答えしていました。
6月9日になり、ボイスレコーダーの一部公開が現実的なものになってくると、
今度は副署長氏から、同じマスコミの方を介して、
「原田さんが、他の女性のお腹を触っているように見える映像があるので
新宿署にぜひ来て頂きたい。」という伝言がありました。

しかし、そのマスコミの方のお話をよく聞くと、
それは、正しくは映像ではなく、コマ送りの画像で、
息子が後姿で改札を通った直後に、男性2人と連れの女性にすれ違い、
そのときにお腹を触った疑惑のある様子が映っているものだと言うのです。

息子の事情聴取を録音したボイスレコーダーには、
刑事が「例えば、階段を上がる際に手が当たった覚えはないか」と尋ねる言葉が
はっきりと残っています。しかし、今回、新宿署がマスコミの方を通じて、
私に見せたいといった画像は、階段ではなく通路で撮られたものらしいのです。

コマ送りの画像に付いては、私も色々な事例を仄聞していますし、
考える所もございますので、新宿署に伺って見せて頂くことは拒否しようと判断しました。

もちろん、コマ送りの画像ではなく、
一部始終が連続して映っている映像であるならば、
是非、そのビデオテープを見せて頂きたいと思います。
そこには当然、暴行後に大勢に取り囲まれ、
構内を通って西口交番に連れて行かれる様子も映っているはずです。

そして、今度、新宿署からご連絡をいただくときには、
マスコミの方に伝言するのではなく、私もしくは私の代理人である弁護士の先生に
直接ご連絡いただきたいと思います。


私が知りたいのは真実です。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2010-06-22 11:41 | Comments(50)
2010年 06月 16日
目撃者を探しています! 6/16 追記
 原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。

お陰様で、3000人以上の方々に署名していただく事ができました。

息子の事件を、ブログで広めてくださった方々、
報道してくださったメディアの方々、
そして、応援してくださる皆様に深く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、
どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2010-06-16 18:22 | Comments(167)
2010年 06月 09日
目撃者を探しています! 6/9 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。

『署名を集めたらどうか』というご意見が多くなりましたので、
署名サイトで、署名を集めることにしました。

原田信助の受けた暴行被害について、
十分な捜査を実施し,犯人を起訴することを求める署名


どうぞ、ご協力お願いいたします。

これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2010-06-09 14:34 | Comments(311)
2010年 06月 02日
目撃者を探しています! 6/2 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。

皆様に真実をお伝えするには、息子の真実の声を聞いて頂くことが一番いいと考えました。
レコーダーの公開方法に付きましては、メディア公開予定の前日、もしくは当日にお知らせする予定です。

これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、
どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2010-06-02 13:13 | Comments(45)