「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年 03月 10日
目撃者を探しています! 3/10 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。
ご支援くださる皆様、本当にありがとうございます。
皆様に今日は、3月5日放送のニコニコ動画生放送と3月6日に開かれた第5回口頭弁論&報告会のご報告をしようと思います。

◆3月5日午後8時〜 ニコニコ動画生放送で、4回目の放送をして頂きました。
 「痴漢と呼ばれ自殺~母は警察に対して裁判を起こした」
 この放送はタイムシフトも含めて、現在37.000名の方々にご視聴頂いています。

◆3月6日午前11時より第5回口頭弁論が東京地裁709号法廷(相澤哲裁判長)にて開廷されました。
今回の公判に先立つこと約一ヶ月前、当初より原告側が要求してきた事件に関する関係者の供述調書等、警察が作成した事件記録の提出が、裁判所を通して検察より為されました。
提出された資料は約300頁にも及ぶものであり 詳細な検証及び反証に関しては、今回の公判では行われず、今後の公判への持ち越しとなりましたが、現段階のおおまかな検証でも多くの矛盾点が原告の弁護団より指摘されています。
警察が作成した事件記録が提出された事により、当国賠の目的である警察の違法行為を証明する糸口を得ることができました。

昨日は、黒木昭雄氏が追い続けた【岩手17歳女性殺害事件】がTBSラジオ"Dig"で取り上げられました。
黒木昭雄氏の【たった一人の捜査本部】には、息子の事件が【原田信助さん痴漢冤罪事件】として掲載されています。
黒木氏はお姿が見えなくなった今も、息子と一緒に、私を助けて下さっているのでしょうか。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2012-03-10 00:30 | Comments(7)
2012年 03月 04日
目撃者を探しています! 3/4 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。
ご支援くださる皆様、本当にありがとうございます。
皆様に今日は、3月5日放送のニコニコ動画生放送と3月6日に開かれる第5回口頭弁論のお知らせをいたします。

◆3月5日午後8時〜 ニコニコ動画生放送で、4回目の放送をして頂くことになりました。
 「痴漢と呼ばれ自殺~母は警察に対して裁判を起こした」
 【ゲスト】 
 元北海道警察ナンバー3の原田宏二氏
 元検事で弁護士の落合洋司氏
 私も出演させて頂くことになりました。

 原田宏二氏と落合洋司氏には、警察捜査の問題点や裁判について語っていただきます。

◆3月6日午前11時〜 東京地裁709号法廷にて、第5回口頭弁論が開かれます。
 平成23年12月27日 東京都(警視庁)側は、東京地裁に検察庁へ送致記録一切を送付するよう、文書送付嘱託申立書を提出しました。
 (2)文書名
 送致記録一切
 なお、送致記録一切を送付できない場合は、特に、JR新宿駅駅員、被害女性並びにその友人らの供述調書及び全身写真、同駅設置の防犯    カメラの画像解析報告書(画像が録画されたDVD本体を含む)の送付を求める。
 という内容です。
 
 平成24年1月31日 検察庁 鎌田隆志検事より東京地検 乾書記官宛に文書の送付嘱託について(回答)  があり、300頁に及ぶ文書のみ提出されました。
 JR新宿駅の防犯カメラの映像に付いては一切触れず、
 「その他の文書については、刑事訴訟法第47条の趣旨に基づき、送付には応じられません。」とのことでした。

【刑事訴訟法第 第47条】(訴訟書類の公開禁止)
訴訟に関する書類は、公判の開廷前には、これを公にしてはならない。但し、公益上の必要その他の事由があって、相当と認められる場合は、この限りでない。

2010年12月7日 JR東日本東京支社において、JR新宿駅の事件当日の防犯カメラの映像提出を求めて、証拠保全の検証を行いました。
この時に提出されたのは、画像が録画されたDVD本体ではなく、ぼやけたVHSのテープでした。
テープの表書きには、「2009.12.10 第8ホーム 北通路階段. 23:05 旅客トラブル」とマジックで書かれていますが、23:05 の下に鉛筆で 23:25 正当と書かれています。
「平成21・12、11に新宿警察へ提出したDVD 〜 平成22・8、17 新宿警察より返却された(VHS)」と記載があります。
今回、検察庁が送付した文書及び東京都側の主張は、事件の8ヶ月後に出現したVHSのテープがその根拠となっています。
刑事訴訟法に拠り、「訴訟に関する書類は、公判の開廷前には、これを公にしてはならない」にも関わらず、文書・(防犯カメラの)写真のみ提出し、映像が録画されたDVD本体を何故、提出できないのでしょうか。
真実を明らかにするため、VHSのテープではなく、DVD本体を提出して頂きたいと願います。

第5回口頭弁論では、裁判官の方々が、この300枚の文書をどのように判断されるのかが焦点となります。
ひき続き、皆様には裁判の傍聴&ご支援をよろしくお願い申し上げます。

息子が急逝して、814日が経とうとしています。
夕刊フジ・ニコニコ動画・産経新聞・週刊ポスト・週刊女性・フジテレビ・日刊サイゾー・ニコニコニュース・インシデンツ…等、沢山のジャーナリストの方々にご協力を頂いて、事件が風化することなく、現在に至ることができました。
ツイッターでは2921名の方々にフォローして頂き、フェイスブックでは676名の方々と友人になることができました。
息子の名誉の回復と同じような被害者の方が続かないためにも、真実を明らかにする為、頑張ってまいります。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2012-03-04 14:06 | Comments(5)