<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年 04月 30日
目撃者を探しています! 4/30 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。
ご支援くださる皆様、本当にありがとうございます。

今日は息子の誕生日です。
生きていれば28才になっていたはずでした。
2009年12月10日の夜、新宿駅と新宿署で関わってしまった方々のために、息子は25才で急逝しました。

2010年4月30日、新宿駅に夕刊フジの小川記者がご取材に来て下さいました。
5月7日に【息子の無念を…痴漢と呼ばれ自殺、母が目撃者捜しビラ配り】という記事をご登載下さったので、多くの方が息子の事件を知って下さいました。
2010年10月14日に、集団暴行現場を目撃して新宿駅職員に通報して下さった目撃者の方にお会いできた時も、【目撃者現れる 痴漢容疑の大学職員自殺、“被害者”仲間から激しい暴行】という記事をご登載下さいました。
小川記者のお蔭で、週刊誌や新聞、テレビでも報道して頂きました。
2011年4月26日に国賠を提訴してから、インターネットのテレビ【ニコニコ動画生放送】、【日刊サイゾー】、【my news Japan】で何度も報道していただきました。

この国では、物証がなくても女性の一言で、男性が即犯人にされてしまいます。
「虚偽申告女性を訴えて13年」の沖田光男氏が、先日東京地裁に応援に来て下さいました。
今年の1月、最高裁は沖田氏の訴えを棄却しました。理由は「痴漢被害申告が抑制される」という政策的理由だそうです。
この国では、女性が男性の人生を破滅させても何のお咎めもないというのは、本当に不思議なことと思います。

息子が急逝して、871日が経ちました。
息子の名誉の回復の為、長い道程を歩き始めました。
「継続は力なり」 息子の好きだった言葉です。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2012-04-30 21:17 | Comments(4)
2012年 04月 10日
目撃者を探しています! 4/10 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。
ご支援くださる皆様、本当にありがとうございます。
皆様に今日は、3月10日からの出来事をご報告しようと思います。

3月28日に、息子が早稲田大学時代に親しかった二人の学友の方から、弔問に伺いたいというお電話を頂きました。2010年の5月に息子のお別れ会を開きましたが、その時も遠方よりご参加くださった方々でした。
同日、林克明氏が【My News Japan 】1月18日の記事、【原田信助はなぜ命を絶っ​たか―3 事件通報者は語る 痴漢冤罪の青年は「一方的に暴行されていた」】に続いて、【原田信助はなぜ命を絶ったか-4 痴漢冤罪青年の裁判で新展開 「警察が痴漢被害女性を別人にすり替え」疑惑】をご登載下さいました。
当日は、清水先生の事務所で弁護団の先生方との打ち合わせが行われました。
検察が提出した『300枚の文書』の中の疑問点について、検証して頂きました。
第5回口頭弁論の報告会で、清水先生がご指摘された通り、「当日の被害女性」と「被害届を提出した女性」は別人ということで意見が一致しました。
他にも、「被害女性」が「階段ですれ違いざまにお腹を触られた」と申告しているのに、警察の現場検証によると、息子と学生達が「通路ですれ違った」となっている等の矛盾点があり、何を追求するかについても話し合いました。

4月7日に、息子の勤め先だった大学の先輩の方から、息子のアルバムを​お送り頂きました。転職して23日後の2009年10月23日、​教授の方、学生の方々と楽しそうに歓談する息子の姿が写されてい​ました。
その48日後に、JR新宿駅で災難に遭うとは、誰も予測できなか​ったことでした。
 

息子が急逝して、851日が経とうとしています。明日は、28回目の月命日となります。
息子の名誉の回復と同じような被害者の方が続かないためにも、真実を明らかにする為、頑張ってまいります。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2012-04-10 19:22 | Comments(8)