「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 11月 11日
目撃者を探しています! 11/11 追記
■ボイスレコーダー
 二杯目のお茶をすすめられたとき、それまであまり口を開かなかった菅原生活安全課課長が、「お母さん」と話しかけてきました。
「ボイスメモ、なんか、お持ちだったんですか、息子さん」
「あの、ボイスレコーダーが……実は、最初はなかったんですが、あとから牛込警察署の落し物係のほうに駅員さんが届けられて」
「そのボイスレコーダー、まだお持ちですか?」
「もちろん持っています。息子の遺品なので」
「あの、暴行、相互暴行の事実も捜査しているので、そういったことでもし役立つような内容があればですね、活用させていただければと思いまして」
 私はとうとう本題が出てきたと思いました。
「もし、そのテープ、うちのほうでデータ―を取らせていただくことはできないですか?」
「データで取らせていただいて……」
「ええ」
「息子が言っていたとおり、たとえば階段にビデオカメラがないのであれば、立証することは無理なんじゃないですか。
階段を上っていたら、突然、腕を掴まれ、階段の下に叩き落とされ、頭を床に打ちつけられたということを、西口交番のHさんという警察官に、息子は訴えております。
が、それを立証できないんであれば、ボイスレコーダーをお貸ししても意味もないんではないですか? 
それとも、息子が打ちつけられているのは、どうもこのノートから見るかぎりでは、一番下のようなので、違う角度から探していただけないでしょうか」
「それは、いま、あの捜査してやっていますので」
「あの、お願いします。そうしないと、息子も浮かばれないと思いますので」
「録音をちょっと参考にということはしていただけない、提出していただけないということでよろしいんですか」
「いえ、あの息子が受けた暴行を立証する可能性があるのならば」
「僕が、私、なに入っているかわからないんで」
「そうですね」
「ええ、どういう話なのかっていうの、まったく知らないものですから」
「ご存知ない?」
「ええ、うちはぜんぜん聞いてないんで」
「あ、どういう事件だったかということはご存知……」
「いや、あのそのテープ、ボイスレコーダーの内容っていうのは、どういうのが入っているか知らないものですから」
「そうですか。でも、牛込警察署のほうではご存知かと思いますが」
「でも……」
 
 しばらく、菅原課長と私の問答をみていた黄海副署長が、間に入ってきました。
「牛込署でも聞いていないんです。個人のプライバシーなんで」
 その後も、ボイスレコーダーの提出を求められましたが、私はボイスレコーダーそのものの提出は拒否しました。
息子のボイスレコーダーは旧型のもので、ロック機能がついていません。
他意はなくても、うっかり消去してしまう可能性が大きく、実際、私も操作する際は、消さないようにボタンの位置に気を使っていました。
そして、なによりこのボイスレコーダーは息子の遺品です。形見のひとつです。無防備に「はい、そうですか」とお渡しする心境にはなれなかったのです。
 ひととおりの質問を終え、次に場所を移し、新宿駅の現場を案内してもらうことになりました。私はその前に、息子が事情聴取を受けていた部屋を見せてほしい、と、お願いしました。
部屋の印象は、ガランとした空間の中に、机をはさんでパイプ椅子が向き合い、窓には鉄格子が掛けられていて、まるで牢獄のように見えました。
この部屋で、息子が社会的影響を気にしていた発言をしています。パイプ椅子を並べ、横たわる直前の会話です。

原田 任意同行なので、明日私が出勤することは可能なんですか?
刑事 ん? いまの段階ではまだ話がまとまってないからですね。
刑事 あのー、会社のほうは行かれて結構なんですけれど、ただほら、被害届を出すっていうことになれば……。
原田 そのあとでいいですか?
刑事 そのあと?
原田 ええ。
刑事 そしたらですね、わかりました。いま、あのうちのほうで扱っている制服の警官がいますからね、そちらのほうが扱いますのでね、そちらのほうに話してもらって。
原田 はい。
刑事 後日、まあ出頭してくださいってことで、そのときに被害届を作りますっていうなら、それでもかまわないと思います。
原田 それで、なんらかの不利は? 私のほうに被るっていう可能性は?
刑事 不利っていうのは、ないでしょうね。
原田 じゃあ、私がいまここで休養を取って、出勤して、そのあと被害届のほうの作成に移行することで、なんら社会生活に支障をきたさないという認識ですか?
刑事 それはー、申し訳ないんだけれども、それを扱う警察官のほうのやっぱり手続きの関係とか。
原田 ええ、ええ。
刑事 そちらのほうでちょっと、お話を聞いてもらうっていうかたちになります。
原田 それでこう、なんだろう。まぁ、話は悪いですけど、ニュースとかで見る、ゴシップとかで見るような、ドラマみたいな、職場に知らされたりみたいな……。
刑事 ないですね。
原田 あの、実家のそばに……。
刑事 我々のほうはしない。そんなことは(笑)、ハハハハハ。
原田 じゃあ、
刑事 (笑いが止まらない)ンフフフフフ……。
原田 あの、なんの気兼ねなく、出勤して臨めばいい、と?
刑事 あぁ、だと思いますよ、はい。我々のほうで会社に連絡を取ったりだとか、そういうことはしない。 
原田 (さえぎって)なんで、ここで、身柄を拘束されるのか?
刑事 私がさきほどお話したとおり(笑)、最初、あなたのほうが、痴漢したんですっていうことで、訴えてきたんで、やはりあなたのほうの話も聴かなきゃいけないからということなんです。
原田 ええ、ええ。
刑事 そのとおりでございます。
原田 (力なく)かしこまりました。
 
 息子にとってみれば、日常が変わってしまうのではないかという畏れがありました。 しかし、その懸念を表したとき、相手の刑事は大笑いしたのです。

■決意
 部屋を出て、黄海副署長と菅原生活安全課課長とともに、2階のロビーまで戻りました。事情聴取から解放された息子も、同じように2階のロビーにやって来ました。同行した刑事は〈ここで、横になってください〉と長椅子を示しました。そして、〈もし、ご自分で目が覚めて、いかれるんでしたら大丈夫ですから〉と言いました。息子は刑事の名を確認しました。生活安全課のYという名前でした。

原田 ちょっと、あの杞憂かも知れないんですけれど、社会生活に支障をきたすような、まあ、ドキュメンタリーみたいなものは、世の中いろいろあっているような気がするんですけれど、
冤罪みたいなもので、苦しめられ続けるみたいな、そういう支障はありうる可能性は?
刑事 いや、だって、被害届出すわけでしょ?
原田 出しますね。
刑事 えぇ(笑)、被害届出すんであれば、別にねぇ、あとは要は双方が話がつかなければ、当然、裁判というかたちに。
原田 ええ。
刑事 ええ。
原田 こっちからあっちに起こしていくということで、わかりました。
刑事 とりあえずは、(後日出頭の)日程のほうを調整させていただいて。
原田 先方の方も被害届を出すってことですか?
刑事 まあ、そうです。そうですね。
原田 じゃあ、私も出して。わかりました。
刑事 そのときには、扱った者、担当の者に聞いていただければと思います。
原田 そうですね。なにか新宿駅構内の写真とかないんですか?
刑事 それはいま、分析している最中です。
原田 分析ですか。わかりました。ほかには目撃者とかは?
刑事 そうですね。当然そうなりますね。
原田 私の周りにいた人とか?
刑事 出てくればいいんですけどねー。新宿駅、一日何十万人も来るわけですからねぇ。
原田 ビデオカメラは?
刑事 一番いいのは、やはりビデオカメラがそうですよ。そういう意味では駅員さんにも話を伺うべきですよ。
原田 現場にはいなかったのに?
刑事 フフッ(笑)、当然駅員さんにも話を伺います。
 
 目撃者とビデオカメラ。息子は身の潔白を証明するために、最後まで正常な捜査をお願いしていました。

原田 あの、本当に私だけでなくて、生活安全課にその3人が呼ばれたんですか?
刑事 ええ、まだいますよ。手続き中ですよ。
原田 こっちに来て、ずっと私に対した質問のような形をとっていた?
刑事 ええ、そのとおりです。
原田 間違いなく?
刑事 間違いなく。アルコール検知もしておりますし。
原田 私は本当、駅員の方に、本当に一方的に……。
刑事 それはやっぱりね、駅員さん呼び出して捜査しないといけないですね。
原田 傷を負いました。恐怖をおぼえました。本当に。

 その後、再出頭の段取りの話になりました。息子は〈弁護士の方に依頼する場合には、そのタイミングに合わせるって可能ですか?〉とたずねていました。

刑事 現時点の段階では、まだ刑事事件になってないわけですから。これからですから。
原田 同時出願という形になるんですか? 被害届は?
刑事 時間は違ってもお互いに、ということです。
原田 お互いに? それだと先ほどの話だと、私があって、みたいな、原因とそのあとみたいな感じになる?
刑事 そうでしょうねぇ。
原田 そうでしょうね!?
刑事 それは、双方の話がどういうふうになるか。
原田 それは……そうでしょうね。
 
 Y刑事はふたたび〈目が覚めたら、帰っていただいて結構ですから〉と言い残し、エレベーターに乗って去っていきました。「上へ参ります」というエレベーターの音声案内が響きました。
ドアの開閉する音、足音、風の音、さまざま音が行き混じるロビーで、息子は疲弊しきった身体を長椅子に横たえました――。
 
 長椅子を目にしていた私は、ふっと時間を遡り、その光景を見ているような気持ちがしました。どんなにつらかったことだろう、悔しかっただろう、お腹も空いていただろう。
眠っている息子を抱きかかえ、家に連れて帰ってあげたかった。無念が胸にこみあげました。 

「……ええ、だからちょっと、見てる人も、ちょっといないもんですからねぇ」
 菅原課長の言葉に、我に返りました。当時、新宿警察署の1階の出入りは自由で、ドアが開閉するたびに冷たい風が吹き込んできていました。
吹き抜けの手すりの真ん前に置かれた長椅子で、熟睡できようはずもありません。
ボイスレコーダーには息子の咳の音、そして泣き声も残されていました。
 午前5時40分の少し前、高い靴音が響き、息子は起き上がりました。
その後、トイレで顔を洗ったのでしょうか。水流音が何度も繰り返され、ポツリ、ポツリと落ちる水滴に重ねるように、
「よし、いこう」
 小さくつぶやきしました。
そして、フーというため息が聴こえたかと思うと、息子は。嗚咽しはじめました。
すると、ガシャンという音ともに倒れ込んだ様子で、同じトイレ内にいた人がなにか言葉をかけてきました。息子は〈大丈夫です〉と答えました。〈なにか保護かなんかされたの?〉と相手はたずねてきます。〈大丈夫です〉と繰り返して息子はトイレを出て、その足で新宿警察署をあとにしました。長椅子のうえで、目覚めてから5分ぐらいの間の出来事です。
警察署の前の大きな道路を走りぬける、車の音が飛び込んでくるように録音されています。
 
 息子は少し歩き、タクシーに乗り込みました。息子の声はこう告げました。
〈新宿駅へ〉――。

■新宿駅
 新宿警察署を出て、菅原課長の案内で、新宿駅に着きました。

 新宿駅に着いたとき、 息子はどんな気持ちだったたのだろう、どんなにつらかったことだろう、悔しかったことだろう。
時間を遡ることができるなら、死に向かう息子を引き止めたかった。息子の無念が胸にこみあげました。
「息子さんは、大学生とこの通路ですれ違ったんです」
菅原課長の思いがけない言葉に、我に返りました。
息子の残したボイスレコーダーには、何度も、取調べに当たった3人の刑事から、
「女性の方が階段で、あなたに、お腹を触られたと被害を訴えている」
「女性は階段で、真正面から来たので、あなたの顔を見ている」 などと言われて、明け方まで取り調べを受けていた様子が残されていました。
その時、新宿警察署にたいして、信頼してはいけないという不信感が、確信に変わったのです。


2012年1月31日に、東京地方検察庁 鎌田隆志検察官 より「不起訴記録の開示」があり、
【事件発生現場の矛盾点】がより明らかとなりました。

「自称被害女性の供述(事件発生現場)の変遷」
【上申書】2009年12月11日 「私は御茶ノ水駅で飲食をした後、中央線各駅停車の新宿駅のホームの『階段』を降りるとちゅうに、スーツを着た男性に腹部をまさぐられ、その男性をつかまえました。その際ご友人男性と駅員とつかみ合いになりました」
【被害届け】2010年1月26日 「私は、去年12月10日午後20分ころ大学の同級生X君、Y君と一緒に新宿駅で降りて京王線に乗り換えようと第8ホームの北『階段及び通路』を歩いていたところ、通行中の濃いグレー色スーツ姿の男からお腹あたりを軽く撫でられる痴漢被害に遭いました。この件で被害届けを提出して詳しくは、調書で話します
【供述調書】2010年1月21日 3頁黒塗り〜 P.5 「(前略)触られた場所は、『階段又は、通路』の場所でした」
 
【息子の写真の捏造】が発覚 
息子の写真は、ネクタイの色・柄が識別できないことから、2010年1月11日に新宿署で黄海副署長に見せていただいて、息子のネクタイを確認して受け取った当時の写真とは違う写真ということが判明する。

【黄海氏の嘘】が発覚
2010年1月11日の会見時には、「息子さんの飲酒量が一番高かった」とのことでしたが、暴行した学生の飲酒量が一番高かったことが判明する。更に、「ごく微量とされた女性」が友人の証言により、暴行した学生とほぼ同量を飲酒していたことが判明する。


2010年12月2日・27日に 故日隅一雄弁護士・浜田薫弁護士が警視庁通信指令本部に対し、息子が暴行を受けている中、助けを求めて110番通報をした際に、対応した通信指令センターの山岸氏との通話の時間・内容等について証拠保全の検証を行って下さいました。

警視庁が提出した 110番情報メモの【処理てん末状況】には
結論 : 痴漢容疑で本署同行としたが、痴漢の事実が無く 相互暴行として後日 地域課呼び出しとした。
状況 : 当事者甲が痴漢をしたとして 、当事者乙が丙、丁に依頼し甲を取り押さえたが、本署生安課で事情聴取した結果、乙が現認した被疑者の服装と甲の服装が別であることが判明。聴取の結果、丙、丁がもみ合いになった際、お互いに暴行の事実があることから、相互暴行として後日地域課呼び出しとした。
と記載されています。

ところが、新宿署が検察庁に送致した文書に見ますと、
【特命捜査本部】の捜査では、(自称被害)女性とその連れの2名の男性は、「階段でお腹を触られた」と主張しているのに、「女性が通路でお腹を触られた」ことに決めています。

警察が捜査ミスを隠すために、事件や犯人を捏造することが許されるのでしょうか。
警察には、過ちを認める勇気を持つと共に、職員への「業務上過失致死傷罪」等の適応を真摯にお考え頂いて、捜査能力の向上に勤めて頂きたいと願っています。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2012-11-11 21:20 | Comments(13)
2012年 11月 11日
目撃者を探しています! 11/11 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。
今日11月11日は、息子の35回目の月命日となります。
早いもので、息子が急逝してから1066日が過ぎました。

2010年1月11日に私が新宿警察署にお伺いしてから、二年と11カ月が経ちました。
皆様に今日は当日の出来事をお伝えしようと思います。

■1月11日
午前10時に新宿警察署へ伺うと約束した日、私は山の手線で新宿駅へ向かいました。
手には鞄と白い花束。鞄のなかには警察に答えていただくための質問状2通が入っていました。
白い花束は、息子に捧げるためのものです。
新宿駅では息子が暴行を受けたと思われる現場に赴き、手を合わせました。そして、西口の改札を抜けると、すぐ目の前にはタクシー乗り場。その右手横に交番が見えました。
息子が連れてこられ、3人の警察官に取り囲まれた、西口交番です。なかには数名の警察官がいました。私は無言で交番内に入っていきました。
私はそのまま床に白い花束を置き、数分間、亡き息子に黙祷を捧げました。その間、誰ひとりとして話しかけてくる警察官はいませんでした。
そして、ふたたび花束と鞄を手に取ると、交番を出て、タクシーに乗って新宿警察署を目指しました。
当時の新宿警察署は、吹き抜けのある1階に受付はなく、誰でも好きなように入れるようになっていました。階段で2階まで上がり、受付で黄海副署長と面会の約束がある旨を伝えました。
しばらく待つことになり、辺りを見渡すと、吹き抜け側の2階の手すりの前に2脚並んだ長椅子が、目に飛び込みました。
「あぁ、あそこで息子が」
 1階が出入り自由な状態でしたから、風が吹き込んでくる。私には野ざらし同様に見えました。
息子は午前4時まで続いた事情聴取から解放され、この長椅子で仮眠をわずかに取っていたのです。
「こんなところじゃ、疲れた身体が休まるはずはない……」
 いまさらながら、不憫で仕方がありませんでした。私はその長椅子に腰かけ、息子の無念を噛みしめていました。
 そこへ、ふたりの男性が現れました。新宿警察署の黄海副署長と、菅原生活安全課課長です。彼らは一度顔を見合わせてから、私に話しかけてきました。
 同じ2階の応接室に案内され、黄海副署長は、笑みを浮かべておっしゃいました。
「今日はもう我々はですね、腹を裂いてですね、本当の事実のありのままを、お話しようと思っているんですよ」
 しかし、その前に私がボイスレコーダーでの録音をお願いしたときは、ふたりとも血相を変えて、「やめてもいいですけど」、「普通、録音しないんですよ」、
「出されて、やられたらお話できない」と口ぐちに拒否されました.

私が、「それでは、お話を」と切り出すと、「まあ、お茶でも一杯いかがですか、せっかく新宿署に来ていただいたんで。まあ、あとでいろいろ見ていただきたいなぁと思っていますんで」と、
黄海副署長、菅原生活安全課課長ともに熱心にお茶をすすめました。
「私に連絡をいただいたのは、ネクタイのことなんですか?」と質問をすると、「ネクタイのこともありますけれど、時間も経過しましたし、そろそろ説明を申し上げたいなぁと思いましてご足労を」とおっしゃいました。
 まず、私は最初に、12月13日に黄海副署長からの電話で告げられた言葉を確認しました。私が少しずつ読み上げて、確認をお願いしました。
「おおぜいの人が行き交う新宿駅で息子さんを痴漢と断定するのは無理と痴漢容疑は晴れたが、その後、お互いの暴行容疑で取り調べが続いた」
 と読み上げたとき、「取り調べ、じゃなくて事情聴取ですね」と副署長から訂正が入りました。「取り調べじゃなくて、事情聴取?」と私がたずねると、
「取り調べというと、犯人じゃないですか。ねえ。そうじゃないんで。事情を聴くという意味です」と言われました。
 また、早朝に帰ってもいい、と言ったという説明については、「ずーっと長く署のほうのなかに帰ってはいけませんよ、という状態を作るわけにはいかないから」とのことでした。
 そして、黄海副署長はこう言いました。
「痴漢の疑いというのは、たしかにかけられたんです。やっていないということもわからないんです。特定するにいたらなかった。そういうことです」
 痴漢をしたか、痴漢をしていないか、両方のケースがあると言われ、私は「これだけは言わせてください、息子のために」と申し上げました。
「息子が、痴漢をしたり、自殺をしたりするようなことは、絶対にない、と、知り合いの者、親戚の者、大学の先生、息子の友人、みんな申しております」
 黄海副署長は、「それはご本人にしかわからない」と言いました。私は、その言葉に、とても腹が立ちましたが、「そうですね、いまとなってはそうでございますね」と答えました。   
すると副署長は
「我々もそう思って冷静に判断したんですよ。息子さんのために判断したんですよ。結果的には。だって疑いかけられて、痴漢を特定にいたる材料がなかった、特定にいたらなかったということを我々は認定したんですよ」
 息子がこの世にもういない状況において、「息子さんのために判断した」と言い切れる神経に私は耳を疑いました。
「たとえば、ひとりの悪意のある女性がいて、なにかの腹いせにということは?」とたずねると、
「たとえばというのはやめましょう。実際にあった話ですから。すれ違ったときにお腹を触られたんではないか、ということで、直後にいたのが息子さんですから。すれ違って。
それで女性が被害者だということで、周りの学生も加勢して抑えようとしたら逆に抑えつけられたのは向こうのほうだったんです。
息子さんのほうが馬乗りになっちゃったんですよ。怪我をするとしたら向こうのほうなんですよ」
 と言われましたので、「では、トラブルとなったきっかけは?」と問うと、副署長の返答はこうでした。
「たとえばの話をやりましょう。女性が、この人が痴漢だと言ったら、一緒にいた人間はどうします? そんなの放っとけって言いませんよね。摑まえなきゃいけないと思うのが普通じゃないですか。
とりあえず事情を聞くために、ちょっと待ってくださいよって、押さえようとするのが普通じゃないですか」
「ちょっと待ってくださいよって、引き止めるのに、なんで馬乗りになったりする事態になったんでしょうか」
「だから、息子さんのほうが強かったんじゃないですか。結果的には駅員さんが見ているんです。息子さんが、相手に馬乗りになっているところを見ているわけですよ。相手は鼻血だして、怪我してる」
「息子が一方的に暴力を加えていると判断されたわけですか?」
「わからないです。要するに、お互いのトラブルじゃないかっていうことで、駅員は現場に行ったんです。そのときに息子さんは110番をしている」
 このやり取りのあと、私は鞄から質問状を取り出しました。息子の経緯をたどりたいので、いつなにが起きたのか、質問状に空欄を設けている質問状です。
しかし、副署長は、受け取らず、「自分で書いてください」とおっしゃいました。
■物証はない
私が読み上げた質問状に対して、副署長は次のように回答しました。
・相手の学生3人は、午前1時ごろから別室で事情聴取を受け、午前4時ごろに一緒に帰った。
・息子は同じ時刻ごろから事情聴取がはじまり、午前4時ごろに終わったが、本人の「自宅に帰らないで、ここで寝たい」という希望により、2階で休んでもらった。
息子が休んでいるところを、署員は5時15分ごろに見たが、6時半ごろにはすでにその姿はなかった。息子が新宿署を出たところを、誰も見ていない。
・警察としては身柄拘束したわけではない。あくまで任意の事情聴取だった。
・後日、息子は相手を暴行容疑で訴えるため、被害届を提出すると言っていた。
・結局、被害届は両方から出ていない。
・両方の事情聴取により、警察は学生に「原田さんに痴漢の疑いがかけられていましたけれども、原田さんがやったという特定はできませんよ」と説明した。
・新宿駅のビデオカメラの確認はやっているが、普通は、階段を上から撮る、下から撮るという、階段の途中を撮影したカメラはない。息子と女性がすれ違ったことが確認できるビデオテープはない。
物証はない。
・ビデオテープはないが、息子と女性がすれ違ったことは事実である。その根拠は、女性が、「犯人」の姿格好、身体の特徴、すれ違った状況を憶えていて、その情報を総合して間違いないと判断したためである。だから、ビデオによる証拠は裏付けるものになるか、ならないかという話である。
・通路にはビデオカメラがあるがトラブルの様子は映っていない。したがって、どのビデオカメラにもトラブルがあった時点の映像は映っていない。
・息子に目立った外傷はなかった。
・女性の服装から指紋を取る等のことは、いま、捜査でいろいろやっている。しかし服からは指紋がとれるということはない。
・できれば、歯ブラシなどDNA鑑定に必要なものを任意提出してほしい。事情聴取の当日に採取しなかったのは、息子の死を予測しなかったから。後日来てもらったときに提出してもらうつもりだった。
・しかし、いま調査しているのは、暴行容疑についてで、痴漢容疑ではない。痴漢行為については特定できずで終わっている話。
・息子と相手方3人のアルコール検査の数値は、個人情報のため、お話できない。息子は泥酔まで至らなかったが、かなりの量が出ている。相手は男性ひとりが飲んでいない。息子とトラブルになった男性、女性はそれぞれ微量だった。
・110番通報の内容は、駅員に取り囲まれているとしか、記録がない。

 いま、こうして列記してみても、黄海副署長の説明に、矛盾点がたくさんあることがわかります。
息子のボイスレコーダーを何度も聴いたあとでしたから、すぐに説明の不自然さに気づきました。それだけではありません。1月11日以降、新宿警察署が取った対応は、この時点で確認したことから、大きく変遷していくのです。
 ちょうど110番通報について質問をしているときだったと思いますが、副署長は急に書類を見ながら、「お母さん、我々がなんか悪いことしたみたいに、いつも言われちゃうのはつらいところがありますね。警察がなんか息子さんに悪いことしたみたいじゃないですか」 とおっしゃったのです。
ですから、「私はここでなにがあったのが知る義務がございます。息子がどういう足取りをたどって早稲田駅まで行ったのか、親として知らなければいけないので、お伺いしているんです」と申し上げました。すると、
「それはごもっともですけれども、息子さんは痴漢っていうことで疑っていたんですけれど……我々としてはなんでそういうふうに言われなきゃいけないのかなと思っちゃうんですよね。逆につらいですよ、我々としても。で、息子さんを失くしたつらさはわかりますけれど、我々としても、一生懸命原田さんのためにやったのに、なんでそんなに言われなきゃいけないのかな、とつらいところがありますよ」
 黄海副署長の言葉を聞いて、私のなかに抑えがたい感情が沸き上がりました。
「あの、私も、痴漢容疑を掛けられた人間が、どのような処遇を受けるかということは、今回のことがあるまで、まったく知りませんでしたので、まず第一にショックだったのは、
息子が痴漢にされてしまったこと。そして、そのために事情聴取を受けたこと。そして、その後、亡くなってしまったことです」
「うん、亡くなったことは不幸ですけれども、警察署としては痴漢を疑われてきたときに、事情を聴くのは当たり前の仕事です」
 黄海副署長は自分たちもつらいと言う。息子を失った私は、もっとつらい。
けれども、一番つらく、悔しかったのは、息子自身のはずです。その心情を慮るような言葉は、この日、一言も伺うことはできなかったのです。
■確約証
 私は副署長に、息子が書いた確約証を見せていただきたいと希望しました。ボイスレコーダーには、そのときの状況が残されていました。
 息子は、事情聴取が終わりに近づくころ、〈明日の仕事に支障をきたすので、休養を取りたい〉と申し出ました。事情聴取を受けた部屋でわずかな時間、パイプ椅子を並べて休んでいたところ、
午前3時36分、刑事がやってきて、息子を起こし、後日呼び出しがあれば出頭に応じる確約証を書いてほしいと言われました。

刑事 後日ですね、刑事課、地域課、どちらかのほうで被害届を出してもらいますんで、今日は遅くなったんで、今日のところはいいですので。で、後日、出頭願い、警察のほうで呼び出しがあった場合は、こちらのほうに出頭しますよ、と言う確約書のほうを書いてください。
原田 (くぐもった声で)ちょっと待ってください……。
刑事 確約書というのは、いつでも警察署に来ますよって、それだけでけっこうです。要はあなたが確約証を出してくるときに(笑)、警察の呼び出しに応じますよって(笑)。
原田 ええ。書式はないんですか?
刑事 あぁ、ご自由に書かれてけっこうです。
原田 ……どう?
刑事 書きづらい?
原田 非常に、……どう表現したらいいのか。
刑事 あぁ、じゃあ書こうか。私が体裁を(笑)。
原田 えぇ、申し訳ないです。
刑事 でね、ここだと休みづらいから、どうします? 下のソファで休みます?
原田 (弱弱しい声で)できれば、そうしたいです。
刑事 わかりました。これを書いたら下に行きましょう。
原田 うん。
刑事 朝何時ごろ起こしゃいいですか?
原田 そうですね……7時半ぐらい。
刑事 7時半ごろね、わかりました。

 明け方、意識が朦朧としているなかで、慣れない書類を書かなければなりませんでした。
息子の声の様子から、衰弱しきっていることがわかりました。まず刑事が確約書の体裁を手本として書き示しました。
息子はこのときコンタクトレンズを外していました。裸眼で0・1以下、そして疲労のため、文字を目で追うのがつらいようでした。そこで刑事が文面を読み上げ、あらためて息子が確約書を作成するという作業になりました。
書き写しながら息子は〈法廷でぜんぶ、という運びになるんですよね〉とたずねました。すると、刑事も〈裁判というかたちになりますよね〉と返しました。
息子は視力矯正ができていないため、字体が乱れることを気にしていました。

原田 この視力の状態で資料を書くと、社会的に欠陥があるような。
刑事 そんなことないでしょう(笑).
原田 いや、どうでしょう。
刑事 取り調べに、警察署にいつでも来ますよっていう(笑)、あれですから、ハハハ。
原田 これが公的に扱われるわけですよね?
刑事 いや、これ、警察署だけのあれですから。要はこういうふうに警察署に呼び出しがあったら来ますよっていう、我々に対する申し立て状ですから。
原田 ちょっと注意書きをしたいんですけれど。ちょっと視力が落ちた状態でしたっていう。
刑事 別に構わないですよ。警察署のほうだけですから。
原田 間違いないですか?
刑事 間違いないです。(確約書の文面に合わせて)……しましたが、このことで……警察署から、呼び出しがあった……いつでも……まあ、いつでもいらないか……出頭します。
原田 出頭って?
刑事 うん、お伺いしますでいいでしょ。自分のお言葉で。で、その下に平成21年12月11日。
原田 この字だと……。
刑事 大丈夫ですよ。ここに電話番号書いてください……で、ここに警察庁新宿警察署長。
原田 警察署?
刑事 警察署長ですね。新宿って書いておきゃいいや。新宿警察署長、で、立川の立、延びる、哲学の哲、そう。
原田 (書きながら)相手方とはこのあとどうなるんですか?  
刑事 あなたのほうが被害届を出して、その暴行の事実について……それはなんでしょうか?
原田 矯正視力がない旨を。
刑事 ハハハ、どうぞどうぞ、フフッ、ご自由にお書きください。いいですよ、注を入れなくても……らん、らん、らーん、なんだ? 乱筆……下にね。

 刑事の声には、ときに含み笑いが混じっていました。いっぽう、息子はボロボロの身体で、それでも先方の要請に応じようと、力を振り絞っていました。
このときに書かれた確約書をこの目で見たいと望みました。
 息子が危惧していたとおり、確約証の文字は乱れていました。実は、コインロッカーで発見された鞄のなかのコンタクトケースに使用済みのコンタクトレンズが2枚入っていました。
息子のコンタクトレンズは毎日使い捨てのものなので、それを見たときは、このコンタクトレンズを外した時点では、朝起きて、もう一度装着し、自宅には寄らず、その足で大学まで出勤しようとしていたのかしら、と考えておりました。
 黄海副署長から見せられた、確約証の文字を見て、私は絶句しました。息子が事情聴取の際にノートに走り書きしていた文字と同じだったからです。
そのノートは鞄のなかから見つかりました。初めのほうのページは、新しい職場のための覚え書きや、講義の内容だったので、仕事用のものだと考えていたのです。
しかし、あるとき、なにか手掛かりがないかとページを後ろのほうまで繰っていると、急に、乱れた字で、シンジュクケイサツショ、録音で人権、防犯という文字や、人の名前、
階段の両脇に記された15、16という数字、そして、左下隅に「こうなっちゃった人生 事件 どういうわけで」と書かれていたのでした。
その乱れた文字は、息子の身になにか異常事態が発生しているのを知らせるシグナルそのものでした。確約証の文字もまた同様です。私はしばらく見つめたまま動けませんでした。
ボイスレコーダーを聴いていても、心のどこかで息子が自殺するなんて絶対にないという確信に似た思いを持ち続けていました。
しかし、その気持ちが揺らいだのです。そして、あぁ、息子は自殺したんだなと、はじめてそう思いました。
 そして、黄海副署長に「もともと字がきれいな子じゃないんですけれど、本当にひどい精神状態で書いたのがわかります」と申し上げました。文面は次のとおりです。

   確約証

 本日、私は暴行を受けたことで新宿警察署で話をしましたが、この事で警察署から呼び出しがあれば、随時お伺いします。
                     平成21年12月11日
                             原田信助 印

   新宿警察署長
     安延哲夫殿

              上記 ●(書き損じを消した後)視力が逸した状態のため乱筆になりました旨を記載します。

 私はこの確約証を写真で撮らせていただけないかとお願いしましたが、無理だということでしたので、できるかぎり息子の文字を忠実に真似して、書き損じの後も同じようにしてノートに書き写しました。
■写真
 また、この日は、新宿警察署で最後に息子が撮られた写真もこの目で確認しました。
 息子の格好は、上着がぐしゃぐしゃになっていて、ワイシャツは、襟元が乱れ、ズボンが飛び出し、暴行を受けた際に引っ張られたからか、長時間の取り調べの際にそうなったのか、ネクタイは床のほうまで結び目が垂れさがっていました。
 休んでいるところを起こされた息子は、確約証を書き終えると、次に写真を撮影すると刑事から言われました。

刑事 原田さんね、今日の服装のやつだけ、変わっちゃうんで、服装のとこだけ、こういう状況でしたよっていう、いまのネクタイがこうなっている状況の写真だけ撮りますから。そのときの状況ですよね? 引っ張られた。
原田 いやあの、駅員さんのあとですよ、これは。
刑事 うん、駅員さんのあとでけっこうですから。ここにいらっしゃった姿をそのまま撮りますから。
原田 ただ、そのあとに睡眠、仮眠を取らせていただいたり……。
刑事 あ、大丈夫ですよ。うん、いまの、とりあえず今日の服装だけ撮らさせていただきます。
原田 ああ。
刑事  どうぞ、お越しください。全身だけで結構です。
原田 それは、当時と……ちょっと待ってください。
刑事 いや、今日の服装、服装。
原田 任意ですか?
刑事 (さえぎって)よろしいですか。いきますよ……お鞄をお持ちになってください。
原田 ちょっと待ってください。それは被疑者としての撮影でしょ?
刑事 違いますよ。
原田 違いますか。まったく理解できないことが多い。
刑事 いや、法廷でも、それはこうですよっていう証明になりますから。よろしいですか。
原田 ええ、なんでいま出てくるんですか? そういった話が。
刑事 要は、このときにあなたが暴行を受けた……。
原田 (さえぎる)確認させていただけますか?
刑事 どうぞ。

 このとき、息子は鏡で自分の姿を確認したようでした。

刑事 はい、それでよろしいですね。
原田 髪も、かなりなんか……。
刑事 (笑いながら)髪は関係ないでしょ。

原田 狂人みたいな感じに見えますがね。
刑事 関係ない、関係ないです(笑)。
原田 本当ですか?
刑事 関係ない。……よろしいですか?
原田 ええ、これは……。
刑事 はい、どうぞ。
  
 そして、シャッターが切られました。
 写真のなかの息子の表情は、我を失っていました。自分に起こっていることが信じられないといった様子でした。思えば、ひどい暴行を受けたあと、4時間近く、事情聴取を受けていたのです。
どれほど疲れ果てていたことでしょう。息子の視点は焦点が定まらず、どこを見ているのかわかりませんでした。自分の人生の果てが見えてしまったのかもしれません。
25年間、育ててきて、はじめて見る、息子の表情でした。
 私はショックを受け、また言葉を失いましたが、我に返りました。この写真こそ、最終的に死にいたらしめられるまで苦しめられた、動かぬ証拠だ、と。
「写真に撮らせていただいていいでしょうか」
 そう申し出ると、黄海副署長は、「本来、裁断しなきゃいけない性質のものですから」と許可してくれませんでした。私が、その意味がわからないでいると、「息子さんは犯人じゃないんで、裁断しなきゃいけないんです」とおっしゃいました。
 私は焦りました。「裁断する前にいただけないでしょうか」
「いや、取っときますから、これからも」
「いつまで取っていただけますか?」
「ずっと取っておきますよ」
「ずっと、とおっしゃいますと、私が生きている間でございますか?」
「取っておきます」
 息子の写真は生きている間はずっと新宿警察署で保管される、裁断されない、と副署長が明言したことに、安堵しました。

ところが、息子の写真は、その18日後に、東京都迷惑防止条例の被疑者としての書類に添付されて、検察庁に送られることになるのです。
息子の写真は、私の生きている間はずっと新宿警察署で保管される、裁断されない、と副署長は明言しましたが、
実行されることはありませんでした。
[PR]

by harada-n | 2012-11-11 21:15 | Comments(10)
2012年 11月 10日
目撃者を探しています! 11/10 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。
ご支援くださる皆様、本当にありがとうございます。

皆様に今日は、10月16日(火)  東京地方裁判所第709号法廷で開かれた「第8回口頭弁論とその報告会」についてお伝えしようと思います。
今回の公判では、新たに、原告側より事件の隠蔽にJRが積極的に関与していた可能性についての指摘がなされました。
口頭弁論に先立つ10月3日、原告側は、東京地方裁判所民事第12部合議B係に「文書送付嘱託申立書」を送付して、関係各所に証拠提出を請求しました。

第1 防犯カメラ映像。JR新宿駅の15番線ホーム及び16番線ホームに設置されていた2台の防犯カメラ映像、09年12月10日午後10時50分から午後11時15分まで。(送付嘱託先:JR東日本)

第2 本件当日の新宿駅長室日誌。トラブルを目撃した駅員から110番通報の要請があった時刻が記載。(送付嘱託先:JR東日本)

第3 原田信助が行った110番通報に関する文書。09年12月10日午後10時50分から午後11時15分までの間。(送付嘱託先:警視庁)

第4 相互暴行事件の送致記録すべて。(送付嘱託先:東京地方検察庁)


報告会では清水勉弁護士により、「JR、駅員、信助さんに暴行した若い男性とその仲間、警察のそれぞれが、事実を隠ぺいしたいと言う利害が一致している・・・」というお話がありました。
ついに、息子に暴行を加えた2名のJR職員(k・H両名)の問題が争点になってきました。

報告会の動画は、ご支援下さる方がユーチューブにアップして下さいました。
「原田信助さんの国賠を支援する会」のHPからご覧頂けますので、ご視聴よろしくお願い申し上げます。
http://haradakokubai.jimdo.com/

「新宿駅での目撃者探しは続けているのですか?」というご質問を頂きました。
2010年10月13日に「息子に対する集団暴行現場」を目撃された方に出会うことが出来ましたが、その一週間後の、10月20日・26日に新宿駅の助役らに写真を撮られ、黒木昭雄氏にお伝えしたところ、
「JRは、あなたを威力業務妨害で訴える準備をしている。新宿駅構内の目撃者探しは、もうやめた方が良いでしょう。」
「あなたは、向こうが、威力業務妨害で逮捕する用意をしているのが、まだ解からないのですか。あなたが逮捕されたら、一体、誰が信助さんの無念を晴らすんですか!」とお諭し下さいました。

新宿駅での目撃者探しは、2010年10月26日以降は、「犯罪被害者家族の会 代表:小林邦三郎氏」がご同行下さった2011年1月20日・2月10日の両日行いました。小林氏のご子息は、「JR池袋駅立教大学生殺害事件」の被害者小林悟氏です。事件後、JRは「防犯カメラに事件は写っていなかった」と、映像を開示せず、小林氏も池袋駅で目撃者探しを行なって来られました。
小林氏は「何故、JRは協力しないのか」と、ご一緒に新宿駅で抗議して下さいました。
詳細は、2010年11月5日のブログに追記しましたので、ご高覧頂きたくお願い申し上げます。
http://harada1210.exblog.jp/14922072/

その後は、息子の母校である早稲田大学でチラシを配りました。
現在は、東京地裁前にて公判前の約一時間、チラシを配っています。


今年の11月1日は、黒木昭雄氏が御逝去されて二年目の三回忌となりました。
黒木氏と最後にお話をしたのは、2010年11月1日の午後4時頃でした。
「明日メールをお送りいたします」「わかりました」が、最後の会話となってしまいました。

国家権力に対しても、「悪いことは悪い」とはっきり言える《元警察官ジャーナリスト:黒木昭雄氏》は、生涯をかけて追求された警察の改革と、何年も追い続けた【岩手県17歳少女殺害事件】の解決を見ることなく、2010年11月1日に御逝去されました。
黒木昭雄氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

今年の12月11日は、息子の三回目の命日となります。
三年目は法事は行わないそうですが、息子の墓前にて法要を営みたいと考えています。

【インシデンツ代表】寺澤有氏・【市民の目フォーラム北海道代表】原田宏二氏・弁護をご受諾下さった清水勉先生も皆、黒木昭雄氏と親しかった方々です。
黒木氏はお姿が見えなくなった今も、息子と一緒に、この事件の行方を見守っていらっしゃるのでしょうか。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2012-11-10 09:03 | Comments(4)