<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2013年 06月 10日
目撃者を探しています! 6/10 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや、励ましのお言葉をいただき感謝しています。
ご支援下さる皆様、いつもありがとうございます。

皆様に今日は、5月20日に東京地裁803号法廷で開かれた「第11回口頭弁論」のご報告をしようと思います。

今回の口頭弁論で被告東京都は、被告準備書面(6)の陳述をしました。
書証として乙31号証(息子 原田信助が録音したICレコーダーの音声データの反訳文)を提出しました。
原告側としては、こちらの証拠を先に出されてしまったので、やむを得ず、乙31号証の成立を認めました。
原告は次回口頭弁論で、乙31号証を引用する形で反論することになりました。

原告の唯一の物的証拠である(息子 原田信助録音の反訳文)を書証として提出した被告東京都の意図は不明ですが、息子が録音したICレコーダーには、
新宿署の刑事たちが、
刑事)「だいたいわかった。ただ貴方が今日ほら、ここに来たっていうのは、要するに【階段】で、女性の方の何か、お腹か何か、こう・・」 
刑事)「手では絶対触ってない。貴方自身が【階段】を上ってるときに、女性の方の認識はありました?女の人とすれ違ったなあとか」
と取り調べを受けている様子が残されています。

ところが、新宿署が設置した(全国で前例がないという)【特命捜査本部】の捜査結果によると、「息子 原田信助は 【通路】で、女性のお腹を触った痴漢犯人」となっています。
被告東京都は、この矛盾をどのように釈明するつもりなのでしょうか。

息子が急逝して、1277日が過ぎようとしています。
白いトルコ桔梗の向こうで、写真の息子は優しく微笑んでいます。

7月9日(火)11時から 東京地方裁判所709号法廷にて、第十二回口頭弁論が開かれます。
休廷後、清水勉弁護士による報告会も予定しています。
皆様のご参加をお待ちしています。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2013-06-10 08:30 | Comments(4)