「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2015年 01月 10日
目撃者を探しています! 1/10 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや、励ましのお言葉をいただき感謝しています。
ご支援下さる皆様、本当にありがとうございます。

ツイッターでは2912名の方々にフォローして頂き、フェイスブックでは1519名の方々と友人になることができました。
沢山のメッセージをお送り頂き、御礼申し上げます。

皆様に今日は、近況のご報告をしようと思います。


2009年12月10日に息子が急逝して、五回目の祥月命日を迎えました。
12月14日に、菩提寺で御住職様に読経して頂きました。

自宅を出て、息子の住んでいた建物に立ち寄り、運転手さんに少し止まって頂きました。
2009年12月10日に、息子が帰宅する筈だった部屋を見上げ、見送ってくれた通路を目に治めました。
菩提寺では、小さな水仙の花が咲き、小鳥が遠くの木で囀っていました。
墓所では、先日届けて頂いたチューリップたちが大きく育っていました。

その日、(千の風)の詩の載った冊子を頂きました。
二十四歳の青年が「ぼくが死んだときに開封してください」とご両親に託された封筒に、その歌が残されていたそうです。
(私の墓前で泣くのはやめてください)
(私はそこにはいません。眠ってなんかいません)
とても素敵なメッセージと思いました。

元旦は、息子が残したボイスレコーダーの録音を聴きました。
新宿駅西口交番の平岡巡査部長が、「あなたは被害者なんだから、署に行って専門の刑事さんに話をしなければいけない」と、息子を騙して新宿署に連行したこと。
新宿署の井上警部補が、息子に黙秘権の告知もせず、突然、「痴漢容疑の取り調べ」を始めたこと。
新宿署の刑事たちは、息子が「駅の防犯カメラの確認」「目撃者の確保」「手に付着した繊維の採取」等(物証の確保)をお願いしたにも関わらず、全く取り合おうとはせず、
「女性の方が、階段であなたにお腹を触られた被害を訴えている」と、朝の4時まで自白を迫る取調べを続けたこと。
どれを取っても、違法捜査としか言いようのないものばかりです。

現在裁判の中で、警視庁は「(息子を)新宿駅の通路で、女性のお腹を触った痴漢被疑者」と主張しています。
2009年12月10日〜11日未明までの取調べでは、事件発生現場は【階段】でしたが、現在では【通路】に変わっています。事件発生現場が定まらない事件を成立させる為、警察の面子を守る為、警察権力を結集させようとでもいうのでしょうか ・・

1月2日は、息子が学生時代から毎年、年末年始の奉仕に通っていた鎌倉の鶴岡八幡宮に行って参りました。
2009年12月10日、新宿駅で関わってしまった学生グループ、二名の新宿駅職員、違法捜査を敢行した新宿署職員達のために、行けなくなってしまった鎌倉でした。

息子は「神社へ行くと、心が洗われるような気がする」と言って、鶴岡八幡宮に奉仕に行くのを楽しみにしていました。
絵馬に【原田信助 本願成就 平成27年1月2日  原田尚美】と書いて、背の高い奉仕の方に上の方に掛けて頂きました。息子はきっと、自分と同じ被害者の方が続かないよう願っていることと思います。

行きは雲が立ち込め、富士山を見ることができませんでした。
荷物を抱えて席を空けてくれた方がいらっしゃいました。そのお顔を拝見して、昨年席を譲って下さった方のことを想い出しました。

帰路、夕日を背景に輝く大船観音を観ることができました。
新川崎駅の手前では、夕日を背にした青い富士山を観ることができました。
品川駅に着いた頃には日が暮れて、十二夜月が空高く昇っていました。

1月5日に、今年初めての満月を観ることができました。
煌々と輝く月のようにこの国の司法が清々しいものであることを・・ 祈りました。

ジャーナリストの渋井 哲也氏が、息子の事件を御投稿下さいました。
2010年よりのご支援、心より御礼申し上げます。

『【新宿署痴漢冤罪憤死事件】息子はボイスレコーダーを残した! 死を無駄にしないで!』
http://ameblo.jp/kudouakio/entry-11964759805.html
ご高覧、宜しくお願い申し上げます。

2011年4月26日に東京都を提訴してから、3年と7ヶ月が過ぎました。         
2月2日(月)11時30分〜東京地裁12階で、第6回進行協議が開かれ、人証が決まることになります。報告会は、東京地裁の控え室で行われることになりました。集合場所は正午、東京地裁1階「弁護士控え室」です。「弁護士控え室」は、先着順に使用できるそうです。お時間がある方がいらっしゃいましたら、12時前に「清水弁護士が使用します」と言って、場所の確保をして頂ければ有難く存じます。

【新宿署違法捜査国賠裁判】もいよいよ大詰めを迎えます。一人でも多くの方に傍聴ご支援を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。


「継続は力なり」。息子が好きだった言葉です。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2015-01-10 07:00 | Comments(0)