<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2015年 02月 10日
目撃者を探しています! 2/10 追記
原田です。

皆様から温かい励ましのお言葉をいただき感謝しています。
ご支援下さる皆様、本当にありがとうございます。

皆様に今日は、2月2日(月)に開かれた第6回進行協議のご報告をしようと思います。

【第6回(最終)進行協議のご報告】

2月2日、東京地裁12階にて第6回進行協議が開かれました。
冒頭、小海隆則裁判長が「乙38・39号証は却下します」と仰いました。出口弁護士から、息子が新宿警察署で録音した音声データの法廷での検証と、自称被害女性の証人尋問が認められなかったことを教えて頂きました。
立延哲夫(警視正)(新宿署署長) については、「合議の結果、必要と認めました」と仰い、東京都の代理人の方が、特命捜査本部の責任者だった松浦克弘(警部) の証人尋問で、原告が知りたい真実(送致の理由等)が明らかになるはずだから、立延署長の証人尋問は必要がない」とご主張されました。また、日程についても「立延署長のご都合もあるので、24日は無理と思います」とご主張されました。
小海裁判長は、「法廷で証言するのが裁判という制度であり、国民の義務です。合議の結果には従って頂かなければなりません」とお答えになりました。

東京地裁が認めた人証と日程は、以下の通りになります。
【第1回証人尋問:3月9日(月)803号法廷】
10:00〜 1.平岡雅大(巡査部長) 2.宿利貴征(巡査) 
13:20〜 3.井上美佐雄(警部補) 4.安平義則(警部補)  5.松浦克弘(警部) 

【第2回証人尋問〔仮〕3月24日(火)709号法廷】
13:30〜 1.立延哲夫(警視正)(新宿署署長) 2.原告 原田尚美

[※] 当時の立延哲夫新宿署署長は2010年にご退職され、現在再就職されているようなので、日程の調整が必要とのことです。

清水勉弁護士に、弁護士控え室で報告会を開いて頂きました。
2010年より御支援下さる方々、小林邦三郎氏を始めとする【犯罪被害者家族の会】の方々、土屋翼氏を始めとする【国賠ネットワーク】の方々、インターネットで息子の事件を知られてから、御支援下さる方々にお集まり頂きました。
皆様、お寒い中を本当に有難うございました。

当日、御支援下さる方から、出来たばかりの名刺を頂きました。名刺には「原田信助君の国賠を支援する会 ○○ ○○ 」と記載されていました。お心遣い有難く感謝いたします。
星野 順子氏に、今回の進行協議の記事を【沙羅双樹の花のブログ】にご登載頂きました。また、裁判所で検証することが認められなかった「息子 原田信助の録音」を報道して頂いた「ニコニコ動画生放送」「フジテレビ:スーパーニュース」等の画面が掲示されているHPのリンクを貼って頂きましたので、ご高覧、宜しくお願い申し上げます。

【被告の東京都が、新宿署署長の証人尋問に激しく抵抗(第6回進行協議)】
http://sarasoujunohana.blog.fc2.com/blog-entry-939.html
【息子 原田信助の録音データー】
http://harada1210.blogspot.jp/p/blog-page_18.html

星野様を始め、インターネット上でも御支援下さる皆様方に、心より御礼申し上げます。
まだまだ長い道程のようですが、これからも御支援を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。


日曜日に、息子に近況の報告に行って参りました。
菩提寺では、紅梅と白梅の蕾が膨らみ、春の訪れを告げているようでした。
息子の墓所前にいた時、尾の長い鳥が囀りながら飛んできて、姿を見せてくれました。そのまま、梢に止まって動かずにいました。見慣れない小鳥が二羽飛んできて、隣の木で遊んでいました。とても素晴らしい光景でした。
息子の墓前で、この国の司法に真実が残されていることを・・・ 祈りました。


「継続は力なり」。息子が好きだった言葉です。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2015-02-10 07:00 | Comments(2)