<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2015年 03月 10日
目撃者を探しています! 3/10追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや、励ましのお言葉をいただき感謝しています。
ご支援下さる皆様、本当にありがとうございます。

皆様に今日は、3月9日(月)に開かれた第17回口頭弁論:証人尋問のご報告をしようと思います。

【第17回口頭弁論のご報告】

3月9日(月)午前10時〜17時20分 東京地裁803号法廷で、1.平岡雅大(巡査部長) 2.宿利貴征(巡査) 3.井上美佐雄(警部補) 4.安平義則(警部補) 5.松浦克弘(警部) 五名の証人尋問が行われました。
雨の中、沢山の方々が傍聴ご支援にお越し下さいました。中には、数年振りにお会いできた方々もいらっしゃいました。皆様のご支援、心より御礼申し上げます。

◇平岡雄大(巡査部長)の証人尋問
稲毛正弘弁護士から、新宿駅の事件発生現場に行った経緯について質問がありました。「駅員(助役)から連絡があったので、現場に駆けつけたところ、駅員と原田さんが向かい合っていました」とお答えになりましたが、「陳述書」に、「事件現場に行ったところ、原田さんが倒れた男性の上に馬乗りになっていた」と書いている矛盾について聞かれると、東京都の代理人の方が介入し、清水弁護士は、「時間がないんだからじゃましないで下さい」と仰いました。また、息子に痴漢の被疑者として、新宿署に連行することを伝えなかったこと。西口交番で電話を貸さなかったこと。息子に対し、怪我をしていないか聞かなかったこと。等を質問されると「確認していない」「覚えていません」と明言を避けられました。

◇宿利貴征(巡査)の証人尋問
三角俊文弁護士から、息子と組み合った学生が鼻血を出し、鼻骨骨折をしていたこと、現場に血痕が落ちていなかったか、また鼻血を出した男性の写真を撮って証拠保全したかどうか、質問がありました。「交番にカメラが備え付けられていたのか、覚えていない」「血痕があったかどうか、記憶にない」と回答されました。
清水勉弁護士から、JRが提出した「新宿駅の防犯カメラの映像」(VHSテープ)の表書と、業務日誌に、23:05と記載されているのに、鉛筆で23:25と訂正されていることについてご指摘がありました。

◇井上美佐雄(警部補)の証人尋問
堀敏明弁護士から、息子を新宿署に連行した経緯について、自称被害女性の供述や事件現場の変遷について、また目撃者探しをしたのかどうか、質問がありました。「事件発生現場は階段と聞いていたが、通路も階段に続いているから、別に疑問はもたなかった」「女性が『水色のワイシャツの人に触られた』と言っていたが、原田さんのワイシャツの色は薄いピンク色だった。ビデオ映像の確認もできず、原田さんを痴漢の犯人として立件するのは難しいだろうと判断した」という一方、「女性の話には一貫性があり。信用できる。(痴漢については)防犯カメラを見てから判断しようと思った」と回答しました。
清水勉弁護士は、不起訴記録の中の、息子と学生3名の写真を提示し、「4人の中で、一番暴行されているように見えるのは誰ですか?」と質問されました。井上警部補は、「原田さん」と回答しました。

◇安平義則(警部補)の証人尋問
増田利昭弁護士から、息子を取り調べた時の様子や、電話を貸さなかった訳、また当日女性が申告していた痴漢事件発生現場等について、質問がありました。
安平警部補は、「階段を降りる途中と聞いていた」と回答しました。
清水勉弁護士は、不起訴記録の中の(再現写真)を提示し、平坦な場所で現場検証するのはおかしいと思いませんか?」とご指摘されました。

◇松浦克弘(警部)の証人尋問
清水勉弁護士から、【特命捜査本部】を起ち上げた経緯、ワイシャツの色が違うのに、息子を痴漢被疑者として送致したこと、痴漢事件発生現場が、「階段」から「通路」に変わっていること等について、質問がありました。
松浦警部は、「12月11日朝の引き継ぎでは、相互暴行事件として、私が取り扱うことになっていたが、12月12日に、お母さんから『事実を明らかにしてほしい』という電話があった為、刑事6名・生活安全課から6名で【特命捜査本部】を設置して、捜査に当たった」「階段で検証したところ、ピンク色が水色に見えることが分かった」「(映像には写っていないが)、ビデオ映像解析の結果、原田さんの犯行と認定した」と回答しました。

小海隆則裁判長のご提案で、次回は5月20日に進行協議を行い、第2回証人尋問の人証等について協議することになりました。
私には初めての「証人尋問」でしたが、清水勉先生を始めとする弁護団の先生方の【真実を明らかにする為の証人尋問】を目の当たりで観て、深い感銘を覚えました。警察権力に屈せずに、国賠訴訟を提起できる先生方にお会いできたことを、心から感謝しております。

ジャーナリストの林 克明氏が【MyNewsJapan】に、8回目の記事をご登載下さいました。ご高覧、宜しくお願い申し上げます。
【原田信助はなぜ死んだのか-8 警視庁が新宿警察署長の証人尋問に激しく抵抗するも裁判長が尋問を決定】  http://www.mynewsjapan.com/reports/2133


3月8日に、息子に「明日の証人尋問」の報告に行って参りました。
菩提寺では、桃色の梅、白梅、紅梅が満開となっていました。
桃色の梅と白梅はしだれ桜のように、紅梅はソメイヨシノのように咲き、とても素晴らしい光景でした。
季節に咲く花たちのように、この国の司法も清々しいものであることを祈っています。
2011年4月26日に、東京都(新宿警察署)を提訴してから四年が経とうとしています。


「継続は力なり」。息子が好きだった言葉です。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2015-03-10 07:00 | Comments(0)