「ほっ」と。キャンペーン
<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2016年 02月 10日
目撃者を探しています!2/10 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや、励ましのお言葉をいただき感謝しています。
ご支援下さる皆様、いつもありがとうございます。

息子が急逝して、2252日が過ぎようとしています。
明日は、息子の74回目の月命日となります。

息子の事件が2010年5月7日(金)に【夕刊フジ】で報道されてから、新宿駅でお会いして御支援を始めて下さった皆様、小林 邦三郎氏を始めとする【犯罪被害者家族の会】の方々、国賠提訴を引き受けて下さった清水 勉弁護士代表の【明るい警察を実現する全国ネットワーク】の先生方、インターネット上で御支援下さる皆様・・ 沢山の方々の御支援に支えられて、今日に至ることができました。

2011年より御支援下さる原田 宏二氏が、【警察が何でもできる時代が来た】講談社現代新書
元警察幹部「渾身の警告」を御出版されました。

P.90 に「事情聴取という名の取り調べ」【JR新宿駅痴漢冤罪事件】として、息子の事件を御搭載頂きました。
原田宏二氏には長期に御支援を賜り、心より御礼申し上げます。

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062883528

原田 宏二氏の 2011年6月14日の【第1回口頭弁論報告会】御講演の動画です。        
【謝る事から警察改革は始まる!】
https://www.youtube.com/watch?v=z51xKfRgsEQ

星野 順子氏が、
フェイスブックで 息子 原田信助には「痴漢の事実がない」と明記されている【110番情報メモ】を御拡散下さいました。
御高覧、宜しくお願い申し上げます。
https://www.facebook.com/junko.hoshino?pnref=story

現在、警視庁は物証もなく、「息子は痴漢犯人だった」と裁判で主張しています。新宿警察署を出て、間もなく自殺した息子について、責任を問われるのを避ける為なのでしょうか ・・
2月8日に、原告は東京地裁に「最終準備書面」を提出しました。
同日、被告側の「準備書面(11)」が届きました。
内容は、「故原田 信助が自殺することは、新宿署で予見できなかったことなので、新宿署には責任はない」
「原告の主張は失当(いいがかり)である」等を主に詭弁を連ねたものでした。
このような主張が通るのが【国賠訴訟】のようです。
「新宿署違法捜査憤死事件」の判決言い渡しは、3月15日(火)13:10から、東京地裁にて行われます。傍聴ご支援、宜しくお願い申し上げます。

日曜日に、息子に近況の報告に行って参りました。

菩提寺では白梅・紅梅・蝋梅が開花し始め、春の訪れを告げているかのようでした。
当日は、息子にチューリップの花を届けました。

息子の墓前で、息子の遺志が貫かれる日が来ることを ・・ 祈りました。

帰路、尾の長い鳥が山門前で低空飛行をしながら、お茶目な姿を見せてくれました。



「継続は力なり」。息子が好きだった言葉です。



これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。





[PR]

by harada-n | 2016-02-10 07:00 | Comments(2)