「ほっ」と。キャンペーン
<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2016年 03月 10日
目撃者を探しています!3/10 追記
原田です。

皆様から沢山の励ましのお言葉を頂き、感謝いたします。
御支援下さる皆様、本当にありがとうございます。

息子が急逝して、2281日が過ぎようとしています。
明日は、息子の75回目の月命日となります。

皆様に、今日は3月15日(火)に東京地裁709号法廷で行われる 第一審の判決と、報告会のお知らせをしようと思います。

平成28年2月10日、原告側は東京地裁に「最終準備書面」を提出し、事件の現場及び自称被害女性の証言の変遷等について言及しました。また、証人尋問で証言した新宿署署員らの証言の矛盾点について裁判所に問いました。
その後、甲25号証として、2008年4月から2009年9月まで息子の同僚だった、JAⅩAの同期の方々がご作成下さった「原田くんへ JAⅩA2008一同」という息子のアルバムと息子への寄せ書きを、東京地裁に御提出下さいました。
このアルバムは、2010年12月11日に息子の一周忌の法要が行われた際、同期の方々から頂いたものです。

3月15日(火)午後1時10分、東京地裁709号法廷で第一審の判決が下されます。
報告会は、四谷駅前のスクワール麹町 五階 百合の間 で開かれます。
皆様のご参加をお待ちしております。

菩提寺では、紅梅の花が満開になり、あちこちで水仙の花が咲いています。
昨年の12月19日に、息子の早稲田大学時代の親友の方が墓参に来て下さった際、尾の長い鳥が親友の方のすぐ近くまで飛んで来て囀っていました。私には、息子が「訪れてくれてありがとう ・・ 」と言っているように思えました。


2009年12月10日午後11時頃、息子は転職したばかりの大学の先輩の方々に歓迎会を開いて頂いた帰路、乗り換えのため新宿駅を通行中でした。

酒に酔った学生グループの男性から、突然階段から突き落とされ、頭を階段に打ちつける等の暴行を受けた息子は、助けを求めて110番通報をしました。

息子は、警察を信じていたからこそ、助けを求めて110番通報をしたのです。

何故、冤罪被害者の方が続くのか ・・
司法機関の方々には再考して頂きたいと願っています。

当ブログへ初めて来られた方には、息子の事件の概要が分からないと思います。
右側の ●事件詳細ブログ 【新宿署違法捜査憤死事件】をクリックして御覧頂くか、
2010年12月に、浮島さとし記者が【日刊サイゾー】に御搭載下さった【短期集中連載】事件発生から1年「新宿駅痴漢冤罪暴行事件」の闇(1)を御高覧頂ければ有難く存じます。

痴漢冤罪で命を絶った青年が録音していた「警察の非道」

http://www.cyzo.com/2010/12/post_6078.html

2011年より御支援下さる元北海道警幹部の原田宏二氏が、【警察が何でもできる時代が来た】講談社現代新書

元警察幹部「渾身の警告」を御出版されました。

P.90 に「事情聴取という名の取り調べ」【JR新宿駅痴漢冤罪事件】として、息子の事件を御搭載頂きました。
原田宏二氏の長期の御支援、心より御礼申し上げます



「継続は力なり」。息子が好きだった言葉です。



これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。



3月13日(日)追記 【傍聴券配布事件に変更されました】


3月10日(木)に東京地裁民事12部から清水勉弁護士の事務所に電話があり、来週15日13:10の判決言渡しが、傍聴券交付事件になったそうです。

原告本人の私と弁護団の先生方は、傍聴券なしで法廷に入ることが
できますが、いつも傍聴に来てくださっている方々が判決を聴くためには、傍聴券が必要になるそうです。
http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=15

傍聴して頂く為には、判決言渡しの20分前、15日午後0時50分までに、
東京地裁入り口前の2番交付所に来ていただく必要があります。
皆様には裁判の行方をお見守り頂きたく、宜しくお願い申し上げます。








[PR]

by harada-n | 2016-03-10 07:00 | Comments(1)