2012年 08月 10日
目撃者を探しています! 8/10 追記
原田です。

皆様から沢山のコメントや励ましのお言葉をいただき感謝しています。
ご支援くださる皆様、本当にありがとうございます。
皆様に今日は、息子が2009年12月10日に遭遇してしまった事件当日からの経緯をご報告しようと思います。

【事件の推移】  (以下、「新宿署違法捜査憤死事件」から)

■2009年12月10日~11日
午後11時頃、歓迎会から帰宅するために新宿駅構内を通行中だった息子は、女子大学生の(お腹を触った)痴漢犯人とされ、
女子大学生の友人の男子大学生に階段から引き落とされ、一方的な暴行を受けた。
息子は110番通報をしたが、駆けつけた駅員・警察官より、痴漢犯人として扱われ、新宿西口交番から、新宿警察署に任意同行された。
そして、新宿警察署では痴漢の被疑者として、明け方4時頃まで取り調べを受け、その後、息子は、新宿署内で休息を取り、5時45分頃警察署を出ると、
電車に乗り早稲田駅に行き、午前6時40分、電車に轢かれ重態となり、東京女子医大に搬送された。
午後7時15分に私(原田尚美)の携帯電話に牛込警察署より電話があり息子の事故を知る。

■2009年12月12日
牛込警察署から、息子の持ち物らしきボイスレコーダーが落し物として届けられているとの連絡を受け、息子の声を確認して受け取る。
新宿警察署に電話をして、息子が何故、新宿署にいたのか、何時までお世話になっていたのか教えていただきたいと訊ねるも、「わからない」という答えしか返ってこないため、110番に通報して、きちんとした説明を求める。

■2009年12月13日
新宿警察副署長黄海氏より、私に電話があり、
「息子さんと大学生3人との間でトラブルがあり、駅員に取り囲まれ、お腹を触られたんではないかとする痴漢容疑で
新宿警察署(生活安全課)で事情聴取を受けるが、
大勢の人間が行き交う新宿駅で、息子さんを痴漢と認定するのは無理という判断の元、痴漢容疑は晴れたが、
その後、お互いの暴行容疑で事情聴取が続き、3時から4時ころ、『学校もあるだろうし、会社もあるだろうから、帰宅するように』と言われ、
大学生は帰ったが、息子さんは休ませてくれ、と言って2階のソファーで休んだ。
息子さんが署を出たのは5時15分・・・5時から6時半くらいの間かな。誰かが付きっきりでいた訳ではないので、正確な時間は分からない」と説明があった。
私が「息子はケガをしておりませんでしたか?」と訊ねたところ、「外傷はありませんでした」と答えた。(※この電話の内容は、翌2010年1月11日の新宿警察署での会見の際、
黄海氏本人に確認しています)
■2010年1月9日
新宿警察署副署長より電話。1月11日に会うこととなる。

■1月11日
新宿警察署にて、黄海氏と生活安全課課長菅原氏と会見。
「息子さんは(痴漢容疑の)犯人ではない」と言われ、ボイスレコーダーの提出を求められる。
黄海氏の説明では、「息子と、息子と組み合った男子大学生一名のみが事情聴取を受け、女子大学生ともう一人の男子大学生は参考人、
誰からも被害届は出ていない」と言われる。
事件当夜、息子が暴行を受けた現場からかけた110番通報の内容と、受けた暴行の内容については、後日確認後に連絡をいただいて、
息子の代わりに私が暴行の被害届を出すことになった。

■1月28日
新宿警察署の生活安全課課長から電話があり、息子を東京都の迷惑防止条例(痴漢)の被疑者と認定し、書類送致するとのこと。
女子大学生の被害届が出されているのか訊ねたが、有無について明言を避けられ、
また「新宿署として認定した」と言われた。

■2月1日
同じく新宿警察署の生活安全課課長から電話。1月29日に息子を東京都の迷惑防止条例の被疑者として、東京地検に書類送致したとのことであった。
暴行容疑の事情聴取での調書は存在するのかと訊ねたところ、調書は存在しないと説明したはずであると返答。
■2月25日 
JR東日本、機器管理室のお●●い氏から、東京都個人情報開示課のK氏に連絡があり、
「平成21年12月10日の新宿駅の防犯カメラの映像は、警察のほうから証拠保全の指示がなかったので、消してしまってありません。」(※1)

■2月25日
新宿警察署に、息子に代わって被害届を提出しようとしたが、拒否された。

JR新宿駅駅長室で助役さんに、12月10日の日誌を見せていただく。
[12月10日・8号ホーム23:05迷惑行為で110番]との記載を確認。
暴行現場である階段の上に設置された防犯カメラは「階段の下まで写すカメラ」であることを教えていただく。
新宿駅でのチラシ配りの許可はいただけなかった。
■3月1日
警視庁情報公開センターに息子の「110番通報」の開示を請求。

■3月11日
新宿駅でチラシを配り始める。

■3月16日
東京都庁個人情報開示課へ、「110番通報」の開示請求について相談に伺う。

■3月18日
弁護士に「110番通報」の開示請求のため「23条照会」をかけていただく。(3月24日付照会)

■3月23日
新宿警察署に男子大学生を住所氏名不詳のまま暴行容疑で告訴しようとしたが拒否される。
暴行現場である階段の手前に、新しい階段が完成。

■4月6日
東京地方検察庁に弁護士と告訴状を持参。

■4月8日
新宿警察署から「郵送した告訴状を返送する」と2度めの告訴拒否の連絡を受ける。

■4月12日
目撃者探しのためのブログを開設。

■4月20日
検察庁から電話。検察庁は告訴を受理する方向で動く旨および証拠としてボイスレコーダーを提出してもらいたいという要請を受けた。

■4月23日
息子が11時27分にかけた「110番通報の記録」が一部開示された。(4月19日付回答)

■4月27日
検察庁から電話。都の迷惑防止条例の不起訴記録は非開示と連絡を受ける。

■5月25日 検察庁から「男子大学生に対する告訴状は受理されている」旨の連絡を受ける。
【メディアの報道と警察署・JRのコメントの変遷】

■5月7日
夕刊フジに記事掲載。

■5月17日
週刊ポストに記事掲載。

■5月20日
産経新聞に記事掲載。
同署(新宿署)によると女性は触ったという人物の顔を見ていない。
唯一の物証は防犯カメラの映像だという。
「女性の『(誰かに)触られた』という証言は信用できる。すれ違った瞬間はカメラの死角だが、証言と同じタイミングで触れる人は原田さんしか写っていない。
証言と映像で複合的に判断した」と説明する。
「本来は立件するような事案ではなかった。母親の『暴行』との訴えや、相手の女性の気持ちも考慮した結果白黒つけるべき話になった」
「(大学生の行動は)痴漢の行為を引き留める行為の一環」

■5月25日
週刊女性に記事掲載。
【新宿署のコメント】
「痴漢と暴行をセットで捜査して終了した」
「原田さんが亡くなったことは、大変お気の毒ですが、本件については必要な捜査を適正に行ったあとに送致しております」

【JR東日本のコメント】
「社員が現場に駆けつけたときは、1人の男性が馬乗りになって押さえつけていた、とのことです。痴漢ではなく、トラブルとして対処した、と聞いています」
■6月14日
フジテレビ:スーパーニュースで放送。

■6月15日
司法記者クラブで記者会見。
ニコニコ動画で生放送。
TBSニュース23で放送。
■6月16日
産経新聞に記事掲載。
毎日新聞に記事掲載。
共同通信社にて記事配信。

■6月21日
【JR新宿駅駅長室】
『駅助役の話』
[12月10日・8号ホーム23:05迷惑行為で110番]について
「迷惑行為といっても喧嘩、痴漢など色々ある」(A助役)
「社員が現場に行って確認してから110番通報をしている」(A助役)

■6月28日
【JR新宿駅駅長室】
『駅助役の話』
「JRの社員が現場に行き、女性から『痴漢』と言われたので、8号ホームから別の社員が警察に通報した。」(A助役)
「『迷惑行為』とは『痴漢行為』を指していう」(他の職員)
「警察官に引き渡した時間は、通常だと110番通報をしてから10分か15分後になる」(A助役)

「(テレビの警察のコメントのあった)息子が駅員の方の名札を奪ったというのは本当ですか」  という質問に
「警察に聞いてもらいたい」(A助役)
「事実です」(他の職員)

■7月7日
目撃者の証言等から、「息子のかけた110番通報」は11時過ぎ頃と判明し、二度目の「23条照会」をかけていただく。

■8月11日
警視庁・新宿警察署及びJR東日本への【質問状】を送付する。

■8月13日
息 子が11時20分にかけた「110番通報の記録」が開示された。「応答した直後に無言のまま切断されています」という内容だった為、通信指令センターの山 岸氏と会話をした最初の「110番通報の記録」を開示請求のため、三度めの「23条照会」をかけていただくことになる。
■8月24日
JR東日本からの【回答】が届く。
公開質問状の回答から(一部抜粋)
「現在は警察当局に提出しました防犯カメラの映像は返却され、
当社で所持しております」とのこと 
※1 2月25日の回答では警察から証拠保全の指示がなかった為、消去して無いとの回答

ニコニコ動画で二度目の生放送。

■9月11日
警視庁新宿警察署からの【回答について】が届く。
警視庁新宿警察署からの【回答について】は、【回答について】は回答できないという内容。

■9月29日
故黒木昭雄氏と初めて面会。

■10月18日
新たな目撃者の目撃証言を代理人の弁護士が検察庁特捜部佐藤検事に提出。

■10月19日
新宿駅の事件現場で何時もの様にポスターを掲げて立っていたところ駅員が現れ
「こんなところに立っていないで、改札の外へ行ってください」と言われる。

■10月20日
事件現場で一人で立っていたところ、突然駅員が現れ至近距離より写真を撮られる。
「私には肖像権がありますので、その写真はお返しください」と言ったところ
駅員は
「私はあなたを撮ったのではない。工事中の現場の写真を撮っただけです」と言い残し、逃げるように駅長室に入る。

■10月26日
再度、JR新宿駅のU助役に写真を撮られる。
一緒にいた人も2回フラッシュを浴び、20日と同様に、写真を返却するよう言ったが、
「あなた達を撮ったのではない。構内の写真を撮っただけです」との返答。


■11月1日
午後4時に故黒木昭雄氏と最後の会話。
原田:「明日メールをお送りいたします」
黒木:「わかりました」

■11月6日 
夕刊フジ 「目撃者現れ新展開」
産経新聞MSNニュース に掲載。

■12月2日
午後1時:東京地方裁判所の決定の元、証拠保全の検証を行うため、裁判官・書記官・弁護士の先生・カメラマンの方が東京都警視庁通信指令本部に出向く。
しかし、警視庁は、「人手が足りない」「業務に支障をきたす」等の理由で、証拠保全の検証手続きを12月27日に先送りにする。

■12月6日~9日
「日刊サイゾー」にて
「短期集中連載」発生から1年「新宿駅痴漢冤罪暴行事件」の闇 ①~④が掲載される。

■12月7日
警察が信助さんを痴漢の犯人と断定した根拠とされる「新宿駅の監視カメラの映像」を、JR東日本に証拠保全に出向くも、提出された証拠はデータをVHSのテープにコピーした不鮮明な映像であり、
しかも、事件が発生したと言われている時間とは違うものであった

■12月10日
ニコニコ生放送にて一周忌企画として三度目の生放送
「痴漢と呼ばれ自殺~1年前の夜、新宿駅で何が起きたのか?」

出演者)
津田大介(メディアジャーナリスト)(@tsuda)
原田尚美(信助さんの母親)
江川紹子(ジャーナリスト)(@amneris84)
小川健(夕刊フジ記者)(夕刊フジ公式サイト:ZAKZAK)

■12月11日
信助さんの一周忌法要が行われる。
■12月14日
夕刊フジ 及び ZAKZAKにて記事掲載
【夕刊フジ編集局から】ジャーナリスト江川紹子も追い続けるJR新宿駅・突然痴漢容疑で自殺

■12月15日
東京地検は、息子を暴行の被害者とする、告発を「嫌疑なし」「証拠なし」として、立件しないと決める。

■12月17日
夕刊フジ 及び ZAKZAKにて記事掲載
【夕刊フジ編集局から】亡き息子の痴漢えん罪を訴えた母の願い

■12月27日
午後1時:東京地方裁判所の決定の元、証拠保全の検証を行うため、裁判官・書記官・弁護士の先生・カメラマンの方が再度、東京都警視庁通信指令本部に出向く。
警視庁は、音声の記録は提出せず、文書の記録をコピーした紙を提出する。
警視庁の提出した記録により、事件の翌朝4時30分には、被害女性が「(息子は)人違いだった」と証言していたことが判明する。
2011年
■ 3月4日
真実を明らかにするために、この度、東京地方検察庁に対し、要望書を提出
要望書「新宿駅痴漢冤罪事件、事件記録閲覧の申請に関して」(PDF形式)
支援:犯罪被害者家族の会Poena 
■ 3月10日
警視庁情報公開センターに息子の写っている「牛込署の保有する防犯カメラの映像」の開示を請求。

■ 3月31日
犯罪被害者家族の会Poena 代表の小林邦三郎氏にご同行頂いて、
検察庁にて「新宿駅の防犯カメラの画像」の開示請求書を提出する。
刑事部高橋検事より、【要望書】の質問に対して「検察庁の捜査に違法性はない」という回答がある。
警視庁に「牛込署の保有する東京駅から大手町駅間の息子が写っている防犯カメラの映像」の開示を再度請求。
中野寛成国家公安委員長宛に【要望書】を提出する。

■ 4月4日
警視庁情報公開センターより、息子の写っている「牛込署の保有する防犯カメラの映像」の開示は
刑事訴訟法第53条により開示できないと回答が届く。

■4月26日
警視庁を提訴 東京霞ヶ関の弁護士会館にて記者会見
ニコニコ動画にて 記者会見を生放送
「日刊サイゾー」記事掲載
「ニコニコニュース記事掲載」

■4月27日
東京新聞に記事掲載
朝日新聞:東京版に記事掲載

■5月9日
週刊ポストに記事掲載

【裁判の経緯】  (以下、「原田信助さんの国賠を支援する会」から)

●2011年4月26日 
清水勉先生を筆頭とする弁護団に依頼して、東京地裁に東京都(警視庁)を相手取り、国賠を提訴する。
●2011年6月14日
東京地裁709号法廷 第1回口頭弁論
原告は事件に関わった警察官、被害女性とその友人、駅員2名の供述調書及び3台の防犯カメラの映像とその配置図、当時の新宿駅構内の配置図の提出を求める。
被告東京都は、「警察の捜査に問題はなかった、痴漢行為は存在した」と文章の供述のみに終始し、証拠の提出、また痴漢事件発生現場とその状況等については言及しなかった。
●2011年8月30日
東京地裁611号法廷 第2回口頭弁論
原告は前回提出を求めた「証拠」に加えて、原田信助の全身写真及び供述調書、検察庁に送付した送致書に添付した目録の提出を求める。
被告東京都は前回と同じく、「新宿署署員の証言・被害女性の証言・防犯カメラの画像解析」を文章の供述のみに終始し、証拠の提出、痴漢事件発生現場とその状況について一切触れようとしなかった。
●2011年11月8日
東京地裁709号法廷 第3回口頭弁論
原告は「存在しない事件の書類送致は、刑訴法246条本文に反し違法である」ことを主張する。
被告東京都は依然として、16頁に及ぶ準備書面にて「警察の捜査に違法性はない。痴漢事件は存在した」と供述し、証拠の提出等について言及しなかった。
●2012年1月17日
東京地裁709号法廷 第4回口頭弁論
原告は前回提出を求めた「証拠」に加えて、駅員A及び駅員Bの氏名、事件の発端である原田信助と被害女性らがすれ違った場所を特定するため、本件現場図面と関係者の位置関係及び防犯カメラの設置場所、「お腹の辺りを撫でられた」とはコートの上を指すのか、セーターの上を指すのか、釈明を求めた。
被告東京都は前回と同じく、「新宿署署員の証言・被害女性の証言・防犯カメラの画像解析」を文章の供述のみに終始し、痴漢事件発生現場とその状況について一切触れようとしなかったが、今回は東京地裁民事12部合議B係に対して、文書送付嘱託を申し出した。

◆2012年1月31日付けで
東京地方検察庁 検察官 鎌田 隆志 検事より、東京地方裁判所12部合議B係 乾 俊彦 書記官に 文書の送付嘱託について(回答)が届く
●2012年3月6日
東京地裁709号法廷 第5回口頭弁論
被告東京都は防犯カメラのビデオ映像については一切触れず、検察から出された300ページに亘る文章と写真のみ提出した。
清水弁護士の、「今回提出された事件記録のうち、(カラー)写真をもって乙第21号証を
書いたのか?」との問いに対し、被告東京都は(信助氏が映っている)映像は見ていないと
答えた。原告側代理人はこれらに対する準備書面を作成中だとし、更に被告の主張には
正当性が無いとも述べた。
◆ 公判後の清水勉弁護士のお話によると、今回の不起訴記録は警視庁が今まで主張していた
内容と違う事が書かれているので、警視庁としては想定外であった可能性がある。
又、今まで所謂痴漢の被害者とされた女性は、原田さんが亡くなって二ヶ月近く経って被害届を出していた。清水弁護士からは、「人相服装から原田さんではないと事件当日女性が証言し、信助さんの痴漢冤罪が晴れたにもかかわらず、二ヶ月近く経っての被害届と二日後の送検は疑わしいのだと言う。送検の為にわざわざ被害届を出させた可能性だけでなく、当の女性が果たして実際に被害届を書いたのかにも疑問を呈していた。
報告会の途中、元北海道警釧路方面本部長の原田宏二氏が、「捜査本部設置」の不可解な
点について言及。信助さんのお母さんの尚美さんの動きから警察は国賠を想定して捜査本部を設置したのではないかと指摘された。
●2012年5月8日
東京地裁709号法廷 第6回口頭弁論
原告代理人は、新宿署が事件捜査の為に設置したと主張する「特命捜査本部」について(同様の事件に関してその様な前例が無い事から)被告に対し設置に至る経緯、法的根拠等の説明を求めました。しかし、今法廷ではそれらに関する回答は無く、次回口頭弁論迄に「書面にて回答する」という事で休廷となりました。
●2012年7月10日
東京地裁709号法廷 第7回口頭弁論
原告代理人は、前回の口頭弁論で、新宿署が事件捜査の為に設置したと主張する「特命捜査本部」について(同様の事件に関してその様な前例が無い事から)、被告に対し設置に至る経緯、法的根拠等の説明を求めました。被告側の回答は「特別捜査本部とは、新宿署内の捜査体制を表現しただけのものであり、法令等により設置基準等が定められているわけでもなく、捜査対象者が取り調べの直後に死亡した異例な事態に対応して」という 被告側の求めた具体的根拠とは程遠いものでしたが、裁判長より「全国の事は判らないかもしれない、警視庁についても判らないかもしれない、しかし、新宿署における特別捜査本部の設置条件についてちゃんと説明しなければ 回答にならない」との指摘があり、具体的な回答は次回口頭弁論に持ち越しとなりました。

息子が急逝してから973日が過ぎようとしています。
三度目のお彼岸が過ぎ、三度目のお盆を迎えようとしています。

最初は一人で始めた活動でしたが、今では沢山の方々にご支援を頂き感謝しています。
息子と同じような被害者が続かないためにも頑張ってまいります。


これからも目撃者探しを続けていきますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。
[PR]

by harada-n | 2012-08-10 08:10 | Comments(13)
Commented by こうち at 2012-08-15 11:09 x
今日Twitterでこの話を知りました。
ほんとに辛いと思います。わたしは警察も
その大学生も最低だと思います。
全て曖昧で大切な命がなくなるなんて
こんなことあってはいけません。
早く全てが明らかになるよう願ってます。
お母様も身体をお大事に。
Commented by harune at 2012-08-15 14:19 x
息子さんの件、お悔やみ申し上げます。この事件を、今知りました。先月、部活の全国大会で訪れた新宿駅でそのようなことが起きていたと知り、さらに、私が目にした駅員のなかに、今回写真や暴行を加えた人がいるのかと思うと、今更ながらに吐き気がします。ただの高校生のコメントです。
地方に在住していますので、目撃コメントでもありません。お力に添えず申し訳ありません。ニコニコ動画など、馴染み深いものが記事中にあり、親近感がわきました。不謹慎ですみません。画面に流れ続けるコメントをご覧になりましたか。オタクだと世間はいいますが、常識人がほとんどです。ルールを守っています。またニュースなどを冷静に判断している人も多い世界なんです。Twitterも同様です。情報化社会ないま、そういったネットツールを利用するのは1番良いとおもいます。ニコニコ動画やTwitterを利用している人の情報交換は盛んです。溢れかえっています。本当になにも力になれませんが、今公共機関があのようなていたらくな以上、こういうSNSのほうがいいと思えることも多々あります。簡単に信じるのでなくいくつもの情報を吟味するには最適ではないかとおもいます。頑張ってください。
Commented by 匿名希望 at 2012-08-16 08:26 x
はじめまして、Twitterでこの事件を知りました、警察、放送局、大学生、JR、全てに憤りを感じます。
大切な人の命が無くなってしまったというのに組織を守る為に試行錯誤をするというのはおかしいんじゃないかと思います
もっと良い社会にするための組織が、何故検挙率を上げるため、功績をあげるために罪のない人をこんな目に合わせるかわかりません
署名活動など、協力したいですが生憎、自分はまだ社会の仕組みも分からない高校生です、協力できるものならします。

こんな非道な権力入りません、こんなのならない方がマシです

罪を認めたからって許されることじゃありません

頑張ってください
Commented by 02 at 2012-08-26 09:18 x
つい先ほど、この事件のことを思い出しました。
自分が初めてこの事件を知ったのは、2年ほど前…。
それほど長い年月が過ぎても、ずっと忘れないものですね。
尚美さんが行ってきたことは、とてつもなく多くの人の記憶に刻まれきています。
そして、これからもより多くの人の記憶に刻まれるでしょう。
知った人が他の人に伝え合い、そして伝えられた人がまた他の人に伝え…。どんどん加速していくはずだと信じています。

自分はまだ高校生です。
決して、この事件で関連した警察の人や、駅員の人のような大人にはならないと自分に誓います。
そして、今回のような事件が起きないような未来…、といっても、自分の身の周りだけしかできませんが、作っていきたいです。
そうした小さな世界が響き合えば、いい影響が生まれると思います。
こうして考えるきっかけとなったのは、この事件です。ただ、無駄だったわけじゃありません。

頑張ってください。ずっと応援し続けています。
Commented by study2OO7 at 2012-09-02 19:45 x
放射脳も大変だなぁ
Commented by air max ltd 2 at 2013-06-01 11:06 x
In March I recall looking at the heels of the models in the AW0708 YSL show € assuming that some may be showpieces - and then checking those worn by YSL staff backstage. The staff might have been in current season stock, but the heels were just as absurdly high.
Commented by endadeveR at 2013-07-07 02:39 x
The thing everyone else engages in in the area of canon camera and consequently those things that youshould do totally different. <a href="http://www.sonykameraja.com/">sony</a> The particular reason why everyone seems to be extremely wrong on canon camera and as a consequence why you should check this ground-breaking report. <a href="http://www.sonykameraja.com/デジタルカメラ-c-2.html">sony カメラ</a> Creative canon camera Guide Illustrates Tips On How To Dominate The canon camera Arena <a href="http://www.sonykameraja.com/デジタル一眼レフカメラ-c-3.html">デジタル一眼レフ</a> Those things Each of us Need To Know Regarding The canon camera Industry <a href="http://www.sonykameraja.com/ビデオカメラ-c-4.html">ビデオカメラ ソニー</a> Creative canon camera Book Uncovers The Best Ways To Dominate The canon camera Market <a href="http://www.sonykameraja.com/交換レンズ-c-6.html">交換レンズ</a> Extraordinary study supplies you with the truth on the canon camera that not very many users know of.
Commented by Avedekero at 2013-07-09 17:44 x
Accessories and processing in Long Island : omega watches actually leaves without cheers <a href="http://www.nikonkameraja.com/">ニコン</a> Interesting article uncovers the low down about omega watches and as well as reasons why have got to take action right away. <a href="http://www.nikonkameraja.com/デジタルカメラ-c-1.html">ニコン デジカメ 価格</a> Creative questions regarding omega watches have been answered and the reasons why you must absolutely study each statement in this expose. <a href="http://www.nikonkameraja.com/デジタル一眼レフカメラ-c-2.html">ニコン 一眼レフ</a> The Keys For omega watches <a href="http://www.nikonkameraja.com/交換レンズ-c-6.html">ニコン レンズ</a> The key reason why individuals are extremely wrong on the subject of omega watches and as a consequence the reasons you need to look at this statement.
Commented by Avedekero at 2013-07-09 17:45 x
The latest publishing shows you the information regarding omega watches and therefore the reasons you have to take action this afternoon. <a href="http://www.omegatokeijp.com/">オメガ レディース</a> Greatest strategy for omega watches for you to check out right now. <a href="http://www.omegatokeijp.com/オメガコンステレーション-c-8.html">オメガ コンステレーション</a> Gossip-- omega watches Will Have A Vital role In Any Site administration <a href="http://www.omegatokeijp.com/オメガシーマスター-c-6.html">オメガシーマスター</a> Everything you have not heard of omega watches might be costing a lot more than you think. <a href="http://www.omegatokeijp.com/オメガスピードマスター-c-9.html">オメガ スピードマスター ムーンウォッチ</a> Highly effective techniques for omega watches which can be used beginning right now. <a href="http://www.omegatokeijp.com/オメガスペシャリティーズ-c-10.html">omegaスペシャリティーズ</a> Contemporary queries about omega watches replied to and as a result the reasons you would need to look at every phrase on this story. <a href="http://www.omegatokeijp.com/オメガデビル-c-7.html">オメガ デビル</a>
Commented by endadeveR at 2013-07-09 18:48 x
The ideal magic formula for canon camera you can learn today. <a href="http://www.canonkamerajp.com/">キャノン eos</a> Whatever the pro's might not be explaining in relation to canon camera and ways this can affect you actually. <a href="http://www.canonkamerajp.com/デジタルカメラ-c-2.html">キャノン ixy</a> List of optimistic steps to discover canon camera well before you are abandoned. <a href="http://www.canonkamerajp.com/デジタル一眼レフカメラ-c-3.html">canon kiss</a> The Best Tips On How To Understand canon camera And Ways One Might Link up with The canon camera Top dogs <a href="http://www.canonkamerajp.com/ビデオカメラ-c-4.html">canon ビデオカメラ</a> Frustrated With canon camera... Well then read through this !! <a href="http://www.canonkamerajp.com/交換レンズ-c-6.html">キャノン レンズ</a> Units and fabrication in Nevada - canon camera will leave without adios
Commented by endadeveR at 2013-07-10 07:12 x
Whatever the pro's are not discussing surrounding omage wathces and also how it has an effect on you. <a href="http://www.canonkamerajp.biz/">canon</a> A practical double strain on omage wathces <a href="http://www.canonkamerajp.biz/デジタルカメラ-c-2.html">キャノン デジカメ</a> Those things that Everybody Ought To Know Involving omage wathces <a href="http://www.canonkamerajp.biz/デジタル一眼レフカメラ-c-3.html">canon kiss x5</a> omage wathces Counterfeits ; An Awesome omage wathces trick That experts claim Fools 96.4% of the end users <a href="http://www.canonkamerajp.biz/ビデオカメラ-c-4.html">canon ビデオカメラ</a> The Primary Strategies To Learn omage wathces And How One Could Become a member of The omage wathces Elite <a href="http://www.canonkamerajp.biz/交換レンズ-c-6.html">canon レンズ</a> The Secret rule the omage wathces-arena Is Very Straight forward!
Commented by トッズ靴 at 2013-12-03 11:37 x
ブランド:フェラガモ靴
Commented by オメガコピー at 2013-12-09 14:47 x
青い風船腕時計コピーブランド、時代を超越した真の愛の最高の証言を作成するための技術革新の時代を超越した精神。dffdsfds@dsada.com


<< 目撃者を探しています! 9/1...      目撃者を探しています! 7/1... >>