<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2017年 12月 10日
目撃者を探しています!12/10 追記
原田です。

皆様から沢山の励ましのお言葉を頂き、感謝しています。
支援下さる皆様、いつも有難うございます。

息子が急逝して、2921日が過ぎようとしています。
明日12月11日は、息子 原田信助の八回目の祥月命日となります。

皆様に今日は、裁判の経緯と 最高裁判所の上告不受理決定をお伝え致します。

●東京地裁:平成23年4月26日に東京都を提訴して、平成28年3月15日に原告 敗訴
●東京高裁:平成28年3月28日に控訴して、平成29年5月18日に原告 敗訴
●最高裁 :平成29年6月1日に上告して、平成29年11月17日に上告不受理決定

【最高裁 上告不受理決定通知書】

平成29年(オ)第1258号
平成29年(受)第1562号
決   定
 東京都豊島区巣鴨○丁目○○番○ー○○○
                     上告人兼申立人    原 田 尚 美    
                     同訴代理人弁護士   清 水   勉
                                堀   敏 明
                                増 田 利 昭
                                三 角 俊 文
                                稲 毛 正 弘
                                出 口 かおり
                                開 発 健 次
                                十 河   弘
                                鈴 木 克 昌

 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号
                     被上告人兼相手方   東  京  都
                     同代表者 知事    小 池 百 合 子

 上記当事者間の東京高等裁判所平成28年(ネ)第2331号損害賠償請求事件について,同裁判所が平成29年5月18日に言い渡した判決に対し,上告人兼申立人から上告及び上告受理の申立てがあった。よって,当裁判所は、次のとおり決定する。           

主文
本件上告を棄却する。                                         本件を上告審として受理しない。
上告費用及び申立費用は上告人兼申立人の負担とする。
理由
1 上告について
 民事事件について最高裁判所に上告することが許されるのは民訴法312条1項又は2項所定の場合に限られるところ,本件上告の理由は,理由の不備・食違いをいうが,その実質は事実誤認又は単なる法令違反を主張するものであって,明らかに上記各項に規定する事由に該当しない。
2 上告受理申立てについて
 本件申立ての理由によれば,本件は,民訴法318条1項により受理すべきものとは認められない。
 よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり決定する。
  平成29年11月16日
    最高裁判所第一小法廷
        裁判長裁判官     池 上 政 幸
           裁判官     大 谷 直 人
           裁判官     小 池   裕
           裁判官     木 澤 克 之
           裁判官     山 口   厚


 皆様には八年間の長期に渡り、ご支援を賜り、本当にありがとうございました。
来る年が、皆様にとって、健康でより良いお年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

長期に御支援を賜る【犯罪被害者家族の会 ポエナ】の小林 邦三郎氏から、
「上告審、頑張りましたね。」というお便りを頂きました。
また、六年間に渡り御支援下さった清水 勉弁護士から、
12月16日に開かれる【明るい警察を実現する警察ネットワーク 市民集会】
「警察を異常なまでにかばう裁判所の異常」に御招待頂きました。
明るい警察を望む方は、是非ご参加下さいませ。
日時:2017年12月16日(土)午後1時30分~4時30分
場所:スクワール麹町・3階 錦


明日は、息子にチューリップの花束を届けて参ります。


「継続は力なり」は、息子が好きだった言葉です。


これからも目撃者探しを続けて行きますので、目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせ下さい。




[PR]

by harada-n | 2017-12-10 07:00 | Comments(0)